質問

何でも良いので教えてください。
また、受験して合格された方がいらっしゃったら、何ヶ月ぐらい勉強したか(1日何時間ぐらい)、とか
どんな勉強の仕方をしたか、とか、何回目の試験でパスしたか
などを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

通報する

回答 (2件)

本屋で売ってる問題集や近代セールやきんざいの問題集で十分です。ひたすら過去問解く。
でた問題のところは、基本書や参考書で見て理解する。
何回も問題やってると傾向がわかってきます。例えば、利率の計算などやIOSCO行為規範原則など必ずといっていいほど出ますし、IOSCO行為規範原則のなかでも、“顧客の最大の利益及び市場の健全性”などはよくでるとか。
受験してみてわかると思いますが、過去問とまったくおなじ問題がでるということが多々あります。
資格として短期に取得したいということであれば、この方法で、毎日1~3時間で1週間くらいで十分通用すると思います。
これはあくまで噂ですが、特別会員の問題は3パターンしかなく4回目には同じ問題になるということらしいので、気楽に行きましょう。

自分はバイト先の研修で(3)二種外務員資格の試験は受けましたが、特別会員については銀行や生損保で受けさせられるらしいのですがよく知りません。

--引用--
現在の証券外務員資格には次の6種類があります。
(1) 一種外務員資格
(2) 信用取引外務員資格
(3) 二種外務員資格
(4) 特別会員一種外務員資格
(5) 特別会員二種外務員資格
(6) 特別会員四種外務員資格
証券会社で取得できる資格は上記(1)~(3)であり、株式をはじめ幅広い有価証券・取引を取り扱うことができます。
一方、登録金融機関で取得できる資格は、上記(1)~(6)であり、(1)~(3)は同様ですが、(4)~(6)は国債、投資信託など限定された有価証券・取引しか取り扱うことができません。
--引用--

このQ&Aは役に立ちましたか?16 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集