需要の価格弾力性は需要曲線の傾き、これは間違いです。需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/Xとあらわせ、-ΔX/Δpは直線の需要曲線の傾きの逆数で定数であり、p/Xは0から∞まで変化しますので、需要の価格弾力性は0から∞までの値をとります。では何なのだ?と問われたときに的確に説明できる何かアドバイスを頂きたいです。例えば、グラフや図の中で説明できたりしますか?よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/X =-(ΔX/X)/(Δp/p)



であり、分母は価格変化の割合、分子は需要変化の割合に相当します。

したがって、需要の価格弾力性は、価格が 1 %変化したときの需要の変化する割合のことをさします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/07 05:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ