カラムクロマトグラフィーの前後にTLCを行うと思うのですが、TLCの結果はどのようにカラムクロマトグラフィーに生かしたらよいのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんばんは



>カラムクロマトグラフィーの前後にTLCを行う

カラムクロマトグラフィーの前後ではTLCの役割はちょっと違うでしょうね。
前に行う場合は溶媒の選定、固定層の検討などに役立つと思います。
分離の度合いをおおまかに見て、少量のサンプルで短時間に検討できるので便利です。

後で行う場合はそれぞれの画分の純度を知る目安になります。
たいていはフラクションコレクターで分け取っていると思いますから、
どこからどこまでを1つの画分としてよいかを知る目安になります。
全てのフラクションをTLCにスポットする場合もありますが、たいていは3
本おきや5本おきにスポットして、フラクションの溶出の概要を知ります。

不明物質があったり、詳しく知りたい場合はHPLCなどでフラクションの分析
をしますが、内容がわかっていておおよそを知ればいいようなときはTLCが
手軽で短時間に分析できるので便利です。
    • good
    • 0

展開溶媒の選択。

カラムの長さの決定。
・・・といったところでしょうか。

展開開始後であれば、溶媒の変更などの参考にもなるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ