Q質問

仕事で最近AutoCAD 2004LTを使用し始めました。

許容差(上下)で一方に0を入力すると
その一方の許容差の記号(+や-)がなくなってしまします。

許容差(例えば0,-0.02)を入れて、0の許容差に
+を表示させるにはどうしたらいいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

A 回答 (2件)

オブジェクトプロパティの中の寸法許容差はなしにして
文字編集で修正します。

<> \H0.7X;\S+0^-0.02;
こんな感じで記入します。

<>・・・・・・・・寸法
\H0.7X;・・・・・文字高さ尺度(見た目で決めて下さい)
\S+0^-0.02;・・・2段表記(上+0、下-0.02)

他にもいろいろな制御文字がありますので、調べられるといいですよ。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
制御文字の存在自体を知らなかったので
目から鱗という感じです!

お礼日時:2006/08/22 08:50
    • good
    • 1

環境の違いがありますが

寸法スタイルがstandardの場合
プラス   【0→+0】 
マイナス 【0.1→-0.1】

ISO-25 の場合
プラス値   【0→0】 
マイナス値 【0.1→-0.1】です。
許容値記入はマルチテキストで作業がうまくいくでしょう。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
既存の図面については、マルチテキストで訂正ができました。

お礼日時:2006/08/22 08:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

花粉症予備軍へ!すぐはじめる予防と対策

花粉症の起源要因、発症者と未発症者の違いなどを知って、花粉症を未然に防ごう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報