1987年に放送されたドラマ「まんが道」
このときの配役ですが、満賀道雄=藤子不二雄A先生役が竹本孝之、
才野茂=藤子F不二雄役は長江健次でした。
この二人の当時の写真を見ると、長江さんがメガネをかけてて、
身長も低いし。どっちかっていうと、才野役の長江さんのほうが
満賀道雄ぽいんですよね。

漫画と、ドラマだと、まったく逆だなんですが・・
どうしてこういう配役イメージにしちゃったんでしょうか?

A 回答 (2件)

こんにちは。


う~ん、何とも懐かしいお話・・確かに私も当時「おや?」と思ったように記憶しております。
ウィキペディアにも『主人公二人のキャライメージを入れ替えられており、主役で背の高い満賀を竹本孝之、メガネでチビの才野を長江健次が演じている。それ以外はわりと原作に忠実。』という記述がありますね。
単なる憶測ですが原作のあるドラマということで「原作そのままでは面白味に欠ける」とか「それでは新しく作る意味が無い」というような意見が出るか何かしてキャラクターのイメージを逆転させてみたのかもしれません。
ドラマはしばしばこういうことをやって見事に失敗したり、原作ファンから見離されてしまったりしまうことがよくあります。
    • good
    • 0

半年くらい前にケーブルテレビで見ました。


全然違和感なく見れました。
恐らく、外観のイメージではなく、内面で配役を決めたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ