ロケットを作って宇宙を目指す小説、
ロケットが物語の中心になっている小説を教えてください!
有名どころはわりと読んでいると思うので、マイナーな作品だと嬉しいです。

既読作品としては、「夏のロケット」「裏山の宇宙船」「ロケットガール」「星虫」「天の光はすべて星」「ライトスタッフ」「スプートニク」あとブラッドベリの作品くらいでしょうか。
マンガやゲームだと「度胸星」「ロケットの夏」「ふたつのスピカ」「水惑星年代記」あたりが好みです。

A 回答 (5件)

「ロケットボーイ」ですヒッカムさんが、自作の固体燃料ロケットを高校生の仲間と製作、打ち上げ、その研究が、高校生科学展で、受賞し、彼

らは、大学へ進学し、NAsA(アメリカ航空宇宙局)の技術者となった、実話を小説家したもの日本では「オクトーバースカイ」邦画名{遠い空の向こうに}、レンタルビデオでも借りられます
    • good
    • 0

あ、ガリレオ号紹介したものです。


目的をもって古書店巡りすると、まず徒労に終わります。特に文庫などは無理だとおもいます。
ネット書店のアマゾンに、良心的価格で古書がでています。それ買えば一発ですので、無理しないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、ご丁寧にどうも。
クレジットカード持ってないんですが、まあ、なんとかします。

お礼日時:2008/11/21 02:17

宇宙船ガリレオ号 (創元SF文庫 (618-11))



大御所ハインラインの処女作「宇宙船ガリレオ号」は、まさにご希望に応える内容です。
ロケット飛ばしたい少年グループが偶然、ある博士まで巻きこんで迷惑かけてしまったのですが、博士と少年グループはなぜか意気投合して……

夢あふれる一冊です。ぜひ。
ただ、絶版のようなので、アマゾンのマーケットプレイスで買ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハインラインにもそんな作品があったとは…!
海外SFを読み出して日が浅いもので、意外でした。

古本屋を巡るのも大好きなので、早速探し回ろうと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/20 01:51

・五十嵐貴久 2005年のロケットボーイズ 双葉文庫


キューブサット(超小型人口衛星)をゼロから作るというプロジェクトX高校生版青春小説
・宮藤官九郎 ロケット★ボーイ 角川文庫
 2001年、織田裕二主演で放映された連続テレビドラマ(フジテレビ系)のオリジナル脚本
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます!

ドラマの方は当時見てましたねー、懐かしい。
五十嵐さんの作品は、ちょうど文庫版が出たばかりで気になっていたところでした。これを機に手に取ってみようと思います。

お礼日時:2008/11/20 01:48

「ハルピュイア奮戦記」


作者 秋津透さん
この作者さん ルビの使いがすごく面白いですよー
本文とルビのギャップがあり過ぎですw

「宇宙一の無責任男シリーズ」
作者 吉岡平さん
宇宙版 無責任サラリーマン 

「パスポート・ブルー」
作者 石渡治
H-IIロケットの打ち上げを見たのを契機に小学生の男の子が、ロケットパイロットを目指す漫画です

「王立宇宙軍~オネアミスの翼」
GAINAXの最初のアニメです
原作は朝日ソノラマ文庫の『オネアミスの翼-王立宇宙軍 I・II』がありますが古いものなので入手が難しいかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんご紹介いただき、ありがとうございます!
オネアミス以外はどれも未読なので、端から当たってみます。

お礼日時:2008/11/20 01:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ