時代小説をもっと読みたいと思っていますが、かなりの量があるためどれから読んでいいかわからず、なかなかとっかかりをつかめないでいます。時代小説にも色々種類はあるかと思いますが、前に横溝正史の「人形佐七捕物帖」にはまっていたことがありましたので、捕物帖のおすすめを教えていただければと思います。宮部みゆきの「本所深川ふしぎ草子」と「初ものがたり」も読みました。心理描写の細かさ等は特に気にしません。

捕物帖のおすすめを、と書きましたが、「捕物帖ではないけどこれは絶対面白いからおすすめ!」というのがありましたら、ぜひそちらも教えていただけるとうれしいです。

A 回答 (7件)

時代物でしたら坂岡真氏「うぽっぽ同心十手綴り」シリーズと「照れ振れ長屋風聞帖」シリーズがお気に入りです。


岡っ引きが主役ではないので厳密には捕物帖ではないですけど。

あとは最近お気に入りなのが風野真知雄氏「大江戸定年組」シリーズ。
これは60間近になり家督を倅に譲った同心、旗本、小間物屋の幼馴染隠居3人がよろず相談を引き受けるといった内容です。

最近の人気作者としては佐伯泰英氏もいらっしゃいますね。NHKでドラマ化もした「居眠り磐音江戸双紙」シリーズがありますが、氏の作品では他に「吉原裏同心」シリーズもあり、どちらもお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。いろいろ教えていただき、とても参考になりました。「大江戸定年組」と「吉原裏同心」シリーズが特に気になりました。「居眠り磐音」はドラマが続いているようなのできっと人気があるのでしょうね。ぜひ読んでみたいです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/20 00:22

藤沢周平さんの「彫師伊之助捕物覚え」シリーズが私は好きです。


三冊ありますが一冊ずつ完結しています。
それぞれのタイトルは「消えた女」「ささやく河」「漆黒の霧の中で」で
新潮文庫からでています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。彫師とは。かなり興味あります。彫師が出てくるという共通点でしかないですが、高木彬光の「刺青殺人事件」のあの雰囲気が印象深かったので、同じような空気があるのか、楽しみです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/20 00:16

野村胡堂の『銭形平次』と岡本綺堂『半七捕物帖』は捕物帖の古典として外すことは出来ないでしょうね。

復刻版で文庫本ででています。ああ、あのテレビのお年寄りが好きな時代劇ね、なんて馬鹿にしてはいけません。

また、宮部さnの『ぼんくら』『ひぐらし』の同心・井筒平四郎シリーズは、読みましたか。また『震える岩』『天狗風』の霊験お初捕物控えのシリーズはいかが。結構、先の古典をお手本にしたことが伺われます。比べてみると面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。「銭形平次」、超有名なのに出てきませんでした…。なんでこういうときにパッと思い出せないのか、自分でも不思議です。時代劇嫌いじゃないのできっと面白く読めると思います。むしろ読み出したらついついはまってドラマのDVDをレンタルしている自分が想像できます。宮部さんの他の作品も面白そうですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/20 00:09

・畠中恵 しゃばけ 新潮文庫


 大店の若旦那と彼を助ける妖怪たちが主人公の大江戸人情推理帖
・平岩弓枝 御宿かわせみ 文春文庫
 江戸大掘端にある旅籠「かわせみ」を舞台にしたNHKでTVドラマ化もされた人情捕物帳
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。どちらもドラマになってましたね。すらすら読めそうな感じがします。本屋さんでよく見かけますのですぐにでもトライできそうです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/20 00:01

捕物帖はあまり読んでいないので、別のものを紹介します。


まず、池波正太郎の『剣客商売』シリーズと『仕掛け人・藤枝梅安』シリーズ。
柴田錬三郎の『御家人斬九郎』
稲葉稔の『研ぎ師人情始末』シリーズ
高橋克彦『春朗合わせ鏡』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。いろんな作家さんを挙げていただきありがとうございます。池波正太郎は前から知っていましたが、他の3名は初めて聞くので、図書館で探してみます。時代小説を書く作家さんは思っていたよりいっぱいいたので、どれを読んだらいいか迷っていました。参考にさせていただきます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/16 20:33

岡本綺堂「半七捕物帳」。


捕物帳の元祖。作者は江戸時代をぎりぎり知っている人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。「半七捕物帳」も聞いたことあります。作者は江戸時代をぎりぎり知っている人ですか。時代考証がよくされていそうですね。元祖ならぜひとも読んでみなくては。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/16 20:26

藤沢周平


『霧の果て』神谷玄次郎捕物控
よろずや平四郎活人剣
三屋清左衛門残日録

池波正太郎
鬼平犯科帳シリーズ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。藤沢周平は捕物帖も書いていたんですね。最近映画化されたものの印象が強かったので意外でした。「鬼平犯科帳」は聞いたことあります。なんで思い浮かばなかったんだろ…。どちらも面白そうですね。ぜひチャレンジしたいと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/16 20:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ