唐突ですが、僕はJITTERIN' JINNの「夏祭り」を聞くと何故か涙ぐんでしまいます。別に夏祭りで失恋した訳でもないのですがねー。(^-^;

皆さんにもそんな「涙腺のツボ」を刺激する曲有りますか?

A 回答 (42件中1~10件)

あーちょっと待ってください。


JITTERIN' JINNの「夏祭り」は思い出があるんで、ちょっと書かせてください。
特に夏祭りで何かあったとかそういうのでは、ないんですけど、私が初めて買ったCDがJITTERIN' JINNだったので、聴くとものすごく懐かしくなって、涙腺が緩みます。私が中一の頃です。「アニー」とかもいいですよ。

家にあるCDラックを見て、このアーティストのCDはほとんど揃っているなっていう人が3人います。
「浜田省吾」「辛島美登里」「電気グルーヴ」の3人。

浜田省吾:挙げてらっしゃる方も何人かいらっしゃいますね。「もうひとつの土曜日」「片想い」なんかいいですね。私が泣けるのは、「明日なき世代」です。
結構アップテンポな曲なんですが、なぜか、ジーンとくるものがあります。

辛島美登里:この人はバラードの方が有名かもしれませんね。「サイレント・イブ」はクリスマスシーズンになると必ずどこかで耳にするような気がします。
「夢の中で」という曲が私の涙腺ツボソングですね。
この曲もアップテンポです。

電気グルーヴ:テクノサウンドになりますね。歌詞は昔からふざけたものが多くて、とても泣けるタイプのアーティストではないです。
そんな中でもありました。「March」という曲です。卒業というのが、歌詞のテーマになっています。
書いていて少しウルウルきます。

書いてみて、解ったことは、自分は意外性を求めているんだろうなという事です。バラードが売りなアーティストはアップテンポな曲を。ふざけた歌詞のアーティストは真面目な歌詞を。

涙腺のツボでは人それぞれ違ったところにあるんでしょうね。

この回答への補足

80yenさんの補足欄をお借り致しまして、皆様から頂いた「涙のツボ」を刺激する曲を一覧に致しました。

【邦楽・J-POP】
CHARA「タイムマシーン」
Every Little Thing「UNSPEAKABLE」「鮮やかなもの」「キヲク」
GARNET CROW「夢みたあとで」
globe「FREEDOM」「a temporary girl」
JAYWALK「JUST BECAUSE」
jungle smile「抱きしめたい」
Lyrico「キセキノハナ」
MY LITTLE LOVER「Hello,Again~昔からある場所~」「暮れゆく街で」「evergreen(エバーグリーン)」
Mr.Children(ミスターチルドレン)「手紙」
PSY・S(サイズ)「ファジィな痛み」「From The Planet With Love」「Wondering up and down~水のマージナル」
REBECCA(レベッカ)「Cotton Time」
RUI「月のしずく」
SMAP「オレンジ」
THE BLUE HEARTS(ブルーハーツ)「ラブレター」
The Elephant Kashimashi(エレファントカシマシ)「月夜の散歩」
The gardens「Future's Memories」「愛のうた」「エンドレスサマー」
UNICORN(ユニコーン)「すばらしい日々」
YeLLOW Generation「北風と太陽」
ZONE「secret base~君がくれたもの~」

イルカ「なごり雪」
上田正樹「悲しい色やね」
上原あずみ「無色」
大黒摩季「夏が来る」
小椋 佳「流されはしなかった」
小沢健二「今夜はぶぎーばっく」
おニャン子クラブ「夏休みは終わらない」

加藤登紀子「悲しみの集い」「1羽の鳥」「Rising」
辛島美登里「夢の中で」
筋肉少女帯「生きてあげようかな」
区 麗情(Kureijo)「ドキュメンタリィフィルムみたい」(廃盤?)
倉木麻衣「Love,Day After Tomorrow」「Start in my life」
桑田佳祐「東京」
米米クラブ「浪漫飛行」
コブクロ「小渕くんの犬のうた」

財津和夫「青春の影」
桜庭裕一郎「ひとりぼっちのハブラシ」
サザンオールスターズ「希望の轍」「夕日に別れを告げて~メリーゴーランド」
The虎舞竜「ザ・ロード 第1章」
沢田知加子「会いたい」
ジェリー藤尾「遠くに行きたい」
ジョー・山中or綾戸智絵「人間の証明」
新谷のり子「フランシーヌの場合」

高橋真梨子「真昼の別れ」
竹内まりあ「真夜中のナイチンゲール」
チェッカーズ「room」
電気グルーヴ「March」

中島みゆき「白鳥の歌が聴こえる」「ホームにて」「ほうせんか」「ひとり上手」「タクシードライバー」「涙」(前川清バージョンあり)「毒をんな」
長渕 剛「巡恋歌」

花*花「さよなら大好きな人」
浜田省吾「もうひとつの土曜日」「明日無き世代」「片想い」
パチンコ☆マン「フォー・シーズンズ・ラバー」
バンバン「「いちご白書」をもう一度」
一青窈(ヒトトヨウ) 「もらい泣き」

前川 清 or 福山雅治「ひまわり」
槇原敬之「ANSWER」「遠く遠く」
松山千春「恋」
三木道三「肌の色」
もとまろ「サルビアの花」

矢井田瞳「ねぇ」
憂歌団「Good time's rollin',Bad time's rollin'」
由紀さおり「手紙」
ゆず「ブザービーター」

渡辺美里「夏が来た!」「BIG WAVEやってきた」「サマータイムブルース」「嵐が丘」「言いだせないまま」「世界で一番遠い場所」「さくらの花の咲くころに」「シンシアリー」「いつかきっと」「JUMP」「あなたの全部」「ランナー」「卒業」

【洋楽】
ABBA「MAMMA MIA」
BACKSTREET BOYS「I Want It That Way」「Show Me The Meaning Of Being Lonely」
JACKSON5「?」
Led zeppelin「天国への階段」
M2M「Everything You Do」
TLC「Creep」
Valensia「Gaia」

【クラシック・主題歌他】
S.E.N.S.「レクイエム」
フォーレ「レクイエム」
べートーヴェン第九交響曲
スーザン・オズボーン「仰げば尊し(GRADUATION)」
PlayStationソフト『TAIL CONCERTO(テイルコンチェルト)』の主題歌 by KOKIA
みんなのうたの「小さな木の実」原曲:ビゼー作曲「美しいパースの娘」
TVアニメ主題歌『それいけ!アンパンマン』「 ~アンパンマンのマーチ~」
ハウス食品のCM 上条恒彦「お家で食べよう」
アメリカTVドラマ『大草原の小さな家』の エンディング曲
映画『ラストエンペラー』のテーマ

2000文字の壁があるので、これ以上書けませんが、皆様には本当に有難うございました。ポイントは今回はとても付け難いのでご容赦願います。皆さんが良回答です。
これにて、締め切りさせて頂きます。【2003.7.12PM2:36】

補足日時:2003/07/12 14:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、お待ちしておりました。(笑)

そうですか。初めてのCDがJITTERIN' JINNですか。それは思い入れが有りますよねー。僕は童謡やアニメ以外で初めて自分のおこずかいで買ったシングルレコードは、さだまさしの「案山子」でした。(笑)LPレコードは・・・?誰だっけ。CDは?あら?意外と覚えていないものですねー。(笑)

浜田省吾の「明日無き世代」
辛島美登里の「夢の中で」
電気グルーヴの「March」の三曲を挙げられました。

浜省は知っているのですが、後のお二方はお名前だけの程度でした。辛島さんは90年代を代表する女性シンガーですよね。電気グルーヴはメンバーのピエール瀧さんが、ちょうど子ども達が小さい頃のポンキッキーズに出ていらしたので知っている程度です。

前にも書いたのですが、こうして色んな方から「涙のツボ」をお聞きしてそのアーティストのHP等を検索すると、ちょっと興味が湧いてくるから面白いですね。ちょうどカウンターのお店で「これ美味いよなー。」と独り言を言いながら食べている人の前にある食事が良さそうに見えるのと似ているなーと、思って、「なんて例えが下世話」と情け無くなりました。(^-^;

しかし、仰る通り、「涙腺のツボでは人それぞれ」なので自分も美味しいとは限らないのがこれまた面白い所です。

でもでも、音楽によって何故か判らないけど涙が出てくるのは皆さん同じように有って、それぞれに楽しんでいらっしゃるのは共通のようですね。

ご回答有難うございました。【2003.7.11PM1:18】

お礼日時:2003/07/11 13:22

私もついでに 書き込ませて下さい。


中島みゆきの「涙」(前川清も歌っています)と
JAY WALKの「ジャストビコーズ」これは昔夜中にラジオで流れていて自然に涙しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

にゃんと、気が付いたら41番目の書き込みです。びっくりですね。ほんと。6月13日に質問してからもうすぐ1ヶ月ですね。それじゃー、キリのいい所で7月13日締め切りにしようかな~♪(冗談です。)

中島みゆきの「涙」(前川清も歌っています)
の「ジャストビコーズ」

を挙げていただきました。中島みゆき強し!です。タイトルも「涙」。ながしとけ!って感じでしょうか?(笑)

JAYWALKと言えば「何も言えなくて…夏」が有名ですね。つーかそれしか知らないのですが・・・m(_ _)m
で、例によって公式HPを見たらばすんごいですねー。1980年から活動で、途中でJ-WALKからJAYWALKに改名、でもって今はツインボーカル!正直驚きました。で、「JUST BECAUSE」はなんとデビュー曲だったのですねー。ほんで、試聴したら、知っておりました。(笑) 今は亡き友達のK君がカラオケで良く歌っておりました。いい曲です。はい。

そう言えば彼の、アイランドの「STAY WITH ME」は絶品で、素人のカラオケで感動したのはこれが最初で最後だったな~(しみじみ)

また機会がございましたらついででも結構ですので、是非お越し下さいませマセ。【2003.7.9PM2:10】

お礼日時:2003/07/09 14:09

こんばんは、



お待ちになられているのって、ANo.29さんの
 区 麗情『ドキュメンタリーフィルムみたい』
のことかな? と思って、私も気になっていたのでつい調べて
しまいました。
#決して、締め切り待っているわけではないです!!
どうやら廃盤なんですね。
私も気になっていただけにちょっと残念...。
#聴いてみたいですが、廃盤CDを探し出す余裕は今の私には
 ないので。

以上、お節介失礼しました。しかも、違ったら恥ずかしい...。

ところで、「涙腺のつぼ」を刺激する曲は、普遍でしょうか?
一昨年の夏、『毒をんな』を聴いて(歌って!)、だーだーと
泣いていた私がいましたが(理由は全く自分にもわかりません)、
今の私はこの唄を聴いても、感傷的にはなっても涙は出てきま
せん。期間限定だったようです。

他愛のない話で失礼しました。

参考URL:http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=p&cf=02&md …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

そうなんです。区 麗情『ドキュメンタリーフィルムみたい』です。調べても無いので、おかしいな~?と。廃盤じゃしょうがないですね。残念。

>ところで、「涙腺のつぼ」を刺激する曲は、普遍でしょうか?
いえ、そうは思いませんね。やはり、その時期や、その時の環境や精神状態にかなり左右されると思いますよ。僕もなりやすいのは、独りで車を運転している時に聴くと「じわーん」ってくる曲が多いですから。

しかし、中島みゆきの「毒をんな」ですか?女ではなく、「をんな」で、「毒」付ですからねー。危険ですねー。でも悲しいですねー。自分は「毒をんな」だから近寄るな!ってなんとも悲しいですねー。優しいですねー。((ToT)あ、ヤバイ)(笑)

こういった感情移入型の泣ける曲では「中島みゆき」はダントツですね。【2003.7.9PM1:32】

お礼日時:2003/07/09 13:32

ginga3104さん、おはようございます!


No.36&No.37です。わざわざ、ありがとうございます。
そろそろ、締め切りを考えていらっしゃるんですよね!?
私のこのお礼欄&補足欄を使っちゃってくださいナ(^^♪

それで…、もし、お時間があったら、「視聴」できるサイトがあるので…聴いてみてください。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?
sku=221481

締め切られたら、どうしよう…と焦って書き込みしています。

では…失礼いたしました~<(_ _)>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

epargdnahcaepさん何度も気を使って頂いてすいません。

今休憩中です。視聴出来るサイト行ってきました。休憩中ということも有って、マッタリとしております。(笑)BackstreetBoysって名前に似合わず甘~い感じですね。よく見るとアイドル的存在だったのが、3rdアルバムでビッグアーティストに脱皮♪と有りましたね。

残念ながら、ドラマは殆ど見ないので、そのepargdnahcaepさんが言われるような切ない映像は出てこないし、涙も出ませんでした。しかし、こうやって自分以外の「涙のツボ」を追体験するのも結構面白いもんですよ。見た事の無いepargdnahcaepさんの体温まで感じる気がします。(笑)

そうそう、焦って書いて下さいましたが、もうひとかたご連絡があるかも知れないのでもうしばらく待っています。(お礼文は一度書いたのですがね。(笑))

本当に有難うございました。【2003.7.6PM2:48】

お礼日時:2003/07/06 14:54

こんにちは!お久しぶりです(笑)。


#13、20のArlsです。
ちょっとマイナー(?)ですが、この曲聴いてこの前泣きました。

KAB.の『Realize』です。
ひょっとしたらあんまり知られてない?かもしれませんが。
歌詞がすごくいいんです。
肩の力がフっと抜けて、ホロリときてしまいました。

あと谷戸由李亜さんという方の、『サヨナラ』です。
何かのマンガかゲームの曲?でしょうか。
CM見て、名前見て試聴したらすごくよたったんです。
せつなくて泣いちゃいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Arlsさん、こんばんは。いつも、あまり知られていない素敵な楽曲を教えて頂いて有難うございます。

まず、KAB.の「Realize」を挙げていただきましたが、全く知りませんでした。で、HPを検索してと、「『今』という時間」と言う曲を試聴できました。おや?KAB.さんって女性?じゃああのジャケットの写真は??となってしまいました。声はとっても可愛らしい女性ボーカルですよねー。何故にモヒカン?お顔は写真で見る限り可愛らしいのにねー。(勿体無いと思うのは私だけでないはず)
http://www.kab.ne.jp

で、谷戸由李亜の「サヨナラ」も全く知らず、でもってHPを見るとなんとアニメ「最終兵器彼女」のエンディング曲だそうです。漫画は読んだこと有ります。ちょいと複雑な漫画でした。面白いといえば面白いのだけど、何故にそんなに受けるのか?少し疑問。この際アニメから入ってみます。ちなみにオープニングも谷戸由李亜さんで、「恋スル気持チ」だそうです。その番組のHPでBGMで少しだけ両方聴けました。(BGMだからどっちもエンディングに聞こえる(笑))
http://www.yatoyuria.com/
【最終兵器彼女のHP】
http://www.saikano.net/

本当に有難う。【2003.7.6am1:09】

お礼日時:2003/07/06 01:12

No.36です。

すみません。No.8ではなく、No.9の再登場でした。

大変失礼いたしました。<(_ _)>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、どう致しまして。改めて、皆さんへのお礼文を書かせて頂くのに丁度良いです。

と、思ったら・・・。↑(笑) 【2003.7.6am0:41】

お礼日時:2003/07/06 00:44

ginga3104さん、こんにちは。

遥か、下のNo.8です。
また来ちゃいました。

ginga3104さんは、あまりに熱心な方でとても関心させられます。

私と同世代かな?と思っていましたが、(私の方がちょっと下ですが)このようなご質問をされていらっしゃるってことは、色々な世代の方が回答されることを予測されていらっしゃったんですよね?
にも関わらず、1曲1曲、丁寧に調べて、どんな曲なのかを聴いて、感想を述べられてる姿を拝見しますと、本当に律儀な方だな、って思います。<(_ _)>

涙ぐんでしまう曲っていうのは、本当はもっともっと沢山あるのですが…
パッ!と浮かんでこなく、昨日、今日と曲を聴いていました。

やはり、浜田省吾の「もうひとつの土曜日」を聴いて泣けてきました。

それと、切なくなってくる曲もあります。

BACKSTREET BOYSの

○I Want It That Way

○Show Me The Meaning Of Being Lonely

私は、曲を聴くと「詩」よりも「曲」のほうから頭に入ってくるタイプで、「詩」はあとから入ります。

このBACKSTREET BOYSは、英語なので、意味はわからないのですが、何年か前に、「彼女たちの時代」というドラマがあって、その挿入歌に使われていました。

深津絵里、椎名桔平他主演のドラマでしたが、椎名桔平が会社でリストラに追い込まれる内容のドラマでした。なんとも、切なくなるドラマで…(ご存知ですか?)。
そのときに流れていた曲がBACKSTREET BOYSの曲で、特に上2曲は、切なくそのときのシーンが思い浮かび、泣けてきます。

音楽って、日常欠かせないものになっていますよね!
楽しくなったり、悲しくなったり、切なくなったり…。でも、音楽によって、癒され、励まされ生きてこれると私は思っています。

私は洋楽は聴かない人でしたが、結婚してから、夫の影響で聴くようになりました。

リズム感ないくせに(^_^;)車の中で聴く曲は「ダンスミュージック」が好きです!
ふたりして、かなり盛り上がって(事故るんではないか?と思います)テンション高くなってしまいます。
最近では、「REMIX」系が好きですね…。

すみません、余談になってしまいました。
お礼のお手間をかけて、すみませんでした。<(_ _)>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

epargdnahcaepさん再度のご登場有難うございます。御礼が遅くなり誠に申し訳有りませんでした。

BACKSTREET BOYSの曲を挙げていただきましたが、残念ながら全く判りませんでした。なんとか聞いてからお礼を考えていたのですが、試聴出来ずまことに申し訳有りません。

確かに詩でなくても曲だけでも胸に迫る物が有りますよね。そんな曲を書ける作曲家達はやはり特別な存在ですね。音楽はささやかな日常に潤いを与えてくれるもの。そんな感じでしょうね。

有難うございました。【2003.7.5PM1:42】

お礼日時:2003/07/05 13:43

こんにちは。



題名がわからないのですが、
ジャクソンファイブの有名な曲で、
ものすごーく、悲しい気持ちになる音楽が
あります。

なんでかな。せつないような、重くて
窮屈ななかに、閉じ込められたようなさみしい
気持ちになります。
たまに、有線でかかるのですが、
ちょっと胸がいたみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

4回目のご登場有難うございます。

ジャクソンファイブですか。殆ど知りません。ごめんなさい。m(_ _)m
ただ、マイケルが言うには「ジャクソンファイブ時代はステージで歌っている時だけが安息の時間だった。」で、以外にも満たされていなかったのかもしれませんね。それが、聞き手にも伝わるのかな?と思いました。【2003.7.2AM11:21】

お礼日時:2003/07/02 11:37

思い出しましたので再度登場します。



……アンパンマンの歌。
なぜ?と思うでしょ?なぜかは本人にもわかりません。
あと最近やっているハウス食品のCM(上条恒彦さんが歌っているもの)も「狙いやがって(-_-メ)」と思いつつぐっときます。「♪お母さんが小さな女の子だった頃の写真~♪」……あかん、打ってるだけでも……。

では失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「それいけ!アンパンマン ~アンパンマンのマーチ~」ですか。あー、判るかも(笑)
歌ネットで歌詞を検索して改めて見たら・・・。来ましたね。(笑)

ハウス食品ののCMの方は、出していただいた歌詞を読んでもぴんとこなかったので検索しましたら、謎が解けました。「♪お母さんが~」で始まるのは「ままごと篇(30秒)」と「路地裏篇(15秒)」の2本だけで僕が見た事が有るのは、「ままごと篇(15秒)」だけのようでした。

【ハウス スタジオジブリCM】
http://www.housefoods.info/ghibli/cm.htm

確かに「狙いやがって」って感じですね。(笑)

歌ネット
http://www.uta-net.com/
うたまっぷ
http://www.utamap.com/

ご回答有難うございました。【2003.7.1PM5:57】

お礼日時:2003/07/01 18:08

まだ、受け付けてるみたいなので記入しま~す。



私は結構涙もろい方なので簡単にポロッとする方なのですが、比較的最近の歌では、ELTの「鮮やかなもの」ですね~。。
タンタンとした歌なんだけど、なんか切なくなるのですよ。(>_<)ま。ちょい自分にオーバーラップする部分もあったり無かったり(笑)

あと、歌手は知らないのですが、今日のTVで、浜ちゃんがカラオケで歌ってた「手紙」って歌はポロッと来ました。・・誰の歌なのでしょうかねぇ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです。未だ受け付けているのです。質問した当初はこんなに回答を頂けるとは思っておりませんでしたので、2~3日、長くとも一週間かなと考えていたのです。が、一気に回答がございまして、お礼が追いついたら締め切ろうと思っていたのですが、いっそのこと管理人さんから締め切ってくださいのメールが来たらに切り替えております。

で、ELTの「鮮やかなもの」がeimy_seVenさんの「涙腺のツボ」として挙げて頂きました。アルバム『Every Ballad Songs』と『4 FORCE』に収められている曲ですね。確かに持田香織さんの歌声は癒し系だと思います。個人的にはもう少し声量が欲しいかな・・・と。

で、浜ちゃんの歌っていたのは、
由紀さおりの「手紙」(1970年)だと思います。堺さんにとってはちょっとヘビーな歌詞でしたね。(笑)

ご回答有難うございました。【2003.7.1PM5:33】

お礼日時:2003/07/01 17:44
1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ