こども手当て法案の成立と扶養控除(配偶者控除)の廃止について

こども手当てが支給されるという法案が成立したことは最近のニュースなので知っているのですが、その財源として扶養控除や配偶者控除が廃止になるということは、ニュースでは聞いているのですが実際に法案が可決されたというお話は聞いていないような気がします。

当然セットで考えられるものとはいえ、別々のものですので、それぞれの法案があり、それぞれが可決されるのではないかと思っていたのですがどうなのでしょう。

法案としてセットで可決されたのか?別々だけど可決されたのか?
可決されたのは、扶養控除と配偶者控除の廃止両方?等

この辺りのことでご存知の方がいたら教えてくださいお願いします。

A 回答 (2件)

#1の回答の通り、


子ども手当法案と、所得税法等の修正案(扶養控除等の廃止)は別の法案ですが、3月26日に同時に可決・成立しています。

扶養控除等の廃止は、
・16歳未満の扶養控除の廃止
・16歳から19歳までの特定部分の廃止
であり、配偶者控除は今のところ廃止されていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。
datchi417さんと扶養控除の廃止の中身が違いますね。
少し混乱しています。

後の時間で記載していただいているし詳しい内容ですのであなたのほうが正しいのではないかとおもうのですが、どこかに詳しい情報を記載したHPなど教えていただけると助かります。

お礼日時:2010/04/26 18:00

子ども手当法案と扶養控除・配偶者控除の廃止が同時に出されて、一括で可決されたようです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり別々に可決されたんですね。
子ども手当てだけ成立したような記事しか読んでなくてわかっていませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/26 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ