日本の風物の本を読んでいたら、
お月見のことを『moon viewing』、お花見のことを『cherry blossom viewing』と紹介していました。
この場合のviewingの役割がよくわからず困っています。

最初みたとき、moon viewingは、『moon (which is) viewing』なる現在分詞修飾
だと勘違いしてしまいました。
意味的には分詞であろうはずがないので、これは動名詞ですよね?

『月を見ること』をお月見と呼んでいるなら、moon viewingというよりは、
『viewing moon』と言った方がむしろ適切なのではないか、とも思えてしまいます。

でも、『viewing moon』というと、お月見という意味から離れて、
単に『月を見る』という動作をあらわす意味になってしまうのかなと思い至りました。

そんなこんなで、『moon viewing』がどうしてお月見という意味になるのか
その仕組みがわかりません。

よろしく御教示ください。

A 回答 (1件)

踏絵も絵踏も同じ。



viewing the moon で「月を見ること」
moon が view の目的語になり,それが動名詞となるので,
view the moon → viewing the moon
となります。
動名詞句です。

moon viewing というのは viewing で動名詞というより,
「注視」というような完全な名詞。
それに moon が名詞+名詞で一種の修飾関係を作っています。

a bus ride で「バス乗り,バス旅行」
これと同じ感覚です。

この場合,前の moon は修飾する役目となるため,the がつくという制限は関係なくなります。
viewing が不可算的な名詞だから無冠詞。
特定の「見ること」なら,moon ではなく,viewing に the がついて
the moon viewing
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ