もう何年も気になっている謎があります。
吉田戦車氏のマンガのような気がするのですが・・・。
ジャーマンリング(公園の遊具みたいな鉄製のリング。ああ、こんな説明じゃわからないですよね。なんか、体操器具なんです。)狂の父が、嫌がる娘にもジャーマンリングで生活するように強要し、自分はネコの三半規管を移植してまで娘にせまるが、拒絶反応で倒れる。父の熱意に打たれた娘が、ジャーマンリングの道を歩む決意をする、というようなマンガを読んだことがあって、本も持っていたはずなんですが、それがどうしても見つからないんです。
気になるー。
誰か教えてください。

A 回答 (2件)

sakanakoさんが、おっしゃるとおり、それは、


私屋カヲルさんの『おネコさまが来た』ですね。
(小学館 FCコミックス)第一巻に、
ジャーマンリング・バカ一代の巻として、
掲載されています~

へへっ、おいらも、この話、好きだった~
読み返しちゃったぜ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sakanakoさんとsuuzy-Qさんからの回答を拝見し、今、早速確認しました。
「ジャーマンリングバカ一代」、間違いありませんでした。このタイトルは頭に残っていたんですよー。
あー、すっきりしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/05 19:43

私屋カヲルの「おネコさまが来た」の一巻にそんな話がのってますよ♪

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああっ!
私屋カヲルでしたか!
「少年三白眼」は、よく読み返すから記憶もはっきりしてたのに、「おネコさまが来た」は、イナバ物置の話しか憶えていませんでした。
ありがとうございます。
さっそく確認します。

お礼日時:2001/10/05 19:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ