ショットキー型接続について
詳しい事を教えていただける方はいませんか?

後、太陽電池についてのことも・・・

A 回答 (2件)

金属と半導体を接続したものをショットキー接合といいます。

このように、異なる材料をくっつけると、それを流れる電気の向きに変化がでてきます。金属から半導体へは流れるが、その逆は流れないとか。この構造を太陽電池に使うこともできます。簡単には、ショットキー接合は、半導体を素子として使うための一番単純な構造の一つであると覚えておいたらいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
PN接合との違いが分からなくて
ショットキーの場合はPN両方なくてもいいのですね。

お礼日時:2001/01/07 02:34

専門家の方から、なかなか回答が来ませんね。



「ショットキー」は、結晶の空孔型の欠陥(ショットキー欠陥)の時に出てきますね。不純物型の欠陥の一つだと思うのですが。 反対に結晶格子の間隙に他のイオンが入ったものは、フランケル欠陥といいます。シリコンに不純物を混ぜて空孔型(ショットキー型)にしたものはP型素子、反対に電子過多(フランケル型)にしたものはN型素子になります。あとはこの組み合わせで、いろんな素子ができますね。

まったく見当はずれだったらごめんなさいね。でも、質問されてからかなり時間がたっていますので、別の聞き方を試みてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ただ、欠陥ではなくて接合なので・・・・・

お礼日時:2001/01/07 02:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 風船をマイナス196度で凍らせたらどうなる?

    みなさんはマイナス196度の世界と聞いて、どんな世界を想像するだろう? ありとあらゆる物が凍り付いていそうだが、『おしトピ by 教えて!goo』で「マイナス196度にもなる液体窒素で何を凍らせたらおもしろいと思...

  • 蝶の羽ばたきが嵐を起こす!?「バタフライ効果」とは。

    今年も間もなく大寒を迎えるが、正月からの大雪を始め気象変化の激しさに驚かれている方も多いのでは。ところで天気予報が外れることもあるのは周知の話だが、長期的になるほどその予測が困難になる理由の一つに「バ...

  • 今のこの世界って、3次元? 4次元?

    最近ではアニメなどに登場する創作物を「2次元」といったりします。2次元とは「タテ・ヨコ」の世界で、3次元になるとこれに「高さ」が加わります。4次元になると、さらに「時間」が加わるそうですが、我々が生活する...

  • 週間天気予報が1週間しか発表されない理由

    旅行などに出かける際、天気予報が1週間しか発表されず、「もっと先の天気が知りたいのに…」と思ったことありませんか? 教えて!gooには、週間天気予報に関するこんな質問が寄せられています。 「週間天気予報が1...

  • 未来の船の姿や機能が知りたいです!

    最近の乗り物は機能性はもちろんの事、デザイン面にもこだわったものが多く世に出てきています。近未来的な機能やデザインを見ると、わくわくする人もいらっしゃるのではないでしょうか。中でも、未来の船は今後どの...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ