勝新太郎の「座頭市」ってありますよね。座頭市って、ちゃんとした名前が(役名が)あるのでしょうか?まさか、これが本当の名前とは思えない(当たり前)。
座頭市の本当の名前を知っている方、教えてください(もちろん、勝新でも座頭市でもない)。もしかしたら、ないのかも・・・
こんなバカらしい質問に誰か答えてください。(考えたら気になる)

A 回答 (5件)

皆さんと同じく名前は「市」だと思います。


『座頭』と言うのは、昔、目の不自由な方に付けられていたらしい位の名称で、しかも一番低い位のはずです。
尚、学校の音楽の時間に習った経験があるかと思いますが、お正月にかかるお琴の名曲“春の海”の作者は“検校(けんぎょう)”という最高位だったはずです。
うろ覚えの知識なんで、どなたか間違っていたらご指摘ください。
    • good
    • 1

こんにちは。

私が知っている範囲では、
「座頭市」というのは、固有名詞ではなく、
座頭=目の見えない、
市=男、
という意味で、「目の見えない男」という意味の一般名詞だったと思います。
いかあgでしょうか?
    • good
    • 0

 


  役の名前としては、主人公ですから、「座頭市」でしょう。
  その主人公の「本名」を知りたいということでしたら、恐らく「市」のはずです。江戸時代は、町人には、名字はなかったので、「市」だけで十分なはずです。ただ、その出身地名などを取って、例えば、藤枝梅安などとなっていることがありますが、これは、藤枝出身の医者としての号が「梅安」ということです。
  あるいは設定で、座頭市も、こういう出身地名による擬似名字があったかも知れませんが、記憶では、「座頭の市さん」と呼ばれていて、それ以外の呼称は聞いたことがありませんから、「市」が本名でしょう。
 
  なお、「座頭」というのは、江戸時代、盲人に対し、按摩師などの場合、幕府が公認して、一種の「官位」のようなものを与えていたのであり、座頭というのは、盲人の官位の名称です。(盲人の最高の官位は、「検校」と言います)。
  市が、座頭の官位を幕府から貰っていたかどうか、多分、貰っていないと思います。座頭というのは、江戸時代の盲人の按摩師などの一般的呼称でした。
 
  従って、「座頭の市」または「座頭市」が、座頭市の正式な名前だとも言えます。(武士と違い、一般庶民は、名前と、通称、出身呼称などが、一応「正式な名前」と考えないと、五郎だとか、徳蔵だとか、そんな名前しかないことになります。商人は、屋号を名字のように使って正式な名前としていたようですし、正式な名前のある武士でも、官位があると、京極備前守高久などと、官位を名のなかに入れましたから、座頭市も、これで通称で、正式な名だと言えるかも知れません)。
 
  映画の脚本設定で、例えば、「相模の市」だとか、市は、市太郎の略だという方がおられましたら、そうなのだったのですか、というだけです。
 
    • good
    • 1

通称「市(いち)」でしょう。



  たしか、原作は、昔、目の不自由な人で、居合いが得意な人がいた。内容の
 記述だけだったと思います。(ほんの1、2行)

  座頭市=目の不自由な市という名の人。(座頭=目が不自由)

  韋駄天の正=足の速い正という人。


  
  
    • good
    • 0

めちゃめちゃうろ覚えですが。


座頭は当時の盲目の方の仕事の名前だったはず。
名前が”市”で座頭の市で座頭市だったと思うけど。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/Accord/BIGLOBE/SANKA …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ