ショーシャンクの空にを見た映画の感想ですが、

確かに普通に面白かったのですが、
名作?って呼ばれるほどおもしろかったかな?
って思います。

どのあたりが面白いのでしょうか?
たとえば複線とかあったら教えて下さい。

それを知った上でもう一度見てみるつもりです。

A 回答 (2件)

私もショーシャンク、雰囲気が良くて凄く好きですが、「あぁー面白い!!!」という映画でないのは確かだと思います。


        
特に男性に人気があると思うのですが、一番のポイントは、主人公が最後まであきらめずに、かといってガムシャラではなく淡々と計画を進め、最後に成功した!ということではないでしょうか。このことが、(特に男性には)自分の生活と重なって、より最後のシーンで、美しい映像とともに「おー!やったー!」という気分になるのではないでしょうか。つまり、シンプルに心に来る何かがあるのだと思います。ほっと一息飲む一杯のお茶みたいに。
  
原作は、映画とはまったく異なった雰囲気を持っています。同じ「淡々」でも、かなり冷たい感じをうけました。小説にはなくて、映画にはあるシーンで、主人公が勝手にレコードを施設内に流して、「勝った」といわんばかりにほくそ笑む場面がありましたが、そういった、ちょっとした「やったね♪」的なシーンが映画の方には多く、私はその雰囲気が好きですね。めずらしく、原作よりも映画の方が好きな作品です。そして、おそらくそのようなシーンがなければ、名作にはならなかったのでは?と思います。
    • good
    • 0

キング原作の中では比較的出来の良い方とは思いますが、わたしも名作と言うほどとは思いませんでしたね。


伏線ウンヌンでしたら、むしろ原作を読んでみた方が良いと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ