この間、「真田太平記」読みました。 それで、戦国時代のお薦め歴史小説を誰か教えてください。 興味がある人物は、北条早雲、上杉景勝、加藤清正などですが他の武将・家老でこの人は!という人物、小説があったら是非教えてください。 よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

私も#2の方と同様に隆慶一郎さんの作品が大好きです。


質問者さんは上杉景勝に興味があおりでしたら、#2の方の挙げている『一夢庵風流記』をお勧めします。
主人公の前田慶次郎が上杉景勝やその部下の直江兼続と親交をもち、晩年は上杉家に身を寄せることになってます。

また、隆慶一郎氏の作品でしたら『死ぬことと見つけたり』もお勧めします。
佐賀鍋島家を舞台に武士道、“葉隠れ”とはどういうことなのか、を鍋島家下級武士を主人公に解りやすく描いていますよ。

司馬遼太郎氏の作品でしたら、『峠』は如何でしょうか。
幕末期に越後長岡藩が生き延びるように舵取りをした家老河合継之助を主人公にした物語です。

こうした一般には有名でない人物が、実は動乱期に特殊な活躍をしているのを知るのも楽しいですよ。
    • good
    • 0

この人の作品は歴史小説と言うより時代小説(史実より物語を重視しているという意味で)かも知れませんが、隆慶一郎さんの作品が好きです。



漫画化された『一夢庵風流記』(漫画題名は『花の慶次 雲のかなたに』)は「天下御免の傾奇者」前田慶次郎利益を世に知らしめた作品として有名です。
また、『影武者徳川家康』は徳川家康が実は関が原の合戦で死んでいて、その影武者が激動の戦国晩期を家康として生きていくという内容で、お勧めです(これも漫画化されていますね)。

戦国武将には魅力的な人物が多いですからね……いくらでも名前は挙げられますが、前田利家や真田幸村などは名将と呼ぶのに相応しいでしょう。
また、一般に「裏切り者」とされる、明智光秀、松永久秀、荒木村重のような武将を詳しく知ると、意外な魅力が見つかるかも知れませんよ。
    • good
    • 0

自分は司馬遼太郎が好きです。



斉藤道三と信長の『国取り物語』
鈴木孫一の『尻啖え孫市』
北条早雲なら『箱根の坂』があったと思います。


有名すぎたかな(笑)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ