質問

おはようございます。

なんだか、朝からばかげてる質問だと思われるかもしれませんが・・・・

どうも、昔から適当に使ってきた  ”ず ” と ”づ ”
使い分けを、分かりやすく教えてください。

通報する

回答 (7件)

No.5の方、No.6の方の繰り返しになりますが、『現代仮名遣い』の規定では、
「ぢ」「づ」を使うのは、同音の連呼によって生じた「ぢ・づ」(ちぢむ・つづく、等)と、
二語の連合によって生じた「ぢ・づ」(はなぢ・みかづき、等)の、二つのケースに限られます。

このうち、よく迷うのが、後者(二語の連合)の場合です。

例えば、「新妻」は「にいづま」で、「稲妻」は「いなずま」です。
同じ「妻」という漢字なのに、なぜ片方が「づ」で、片方が「ず」なのかという疑問が当然起こります。

これは、複合語の場合に「ジ・ズ」の音を生ずるその言葉が、現在生きて使われ、意味が明らかであるかどうかが、判断の規準になると考えられます。『現代仮名遣い』によると、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいものは「じ」「ず」を用いて書く、となっていますが、要するに、複合語の下半分の言葉の意味が生きているかどうかで異なるわけです。

「新妻」は、分解すると「新しい妻」であり、「妻」という言葉が生きています。しかし、「稲妻」を分解すると「妻」の意味が明らかでありません。すなわち二語に分解しにくいわけです。
そこで、新妻は「にいづま」、稲妻は「いなずま」となるわけです。

#5さんのおっしゃるとおりです。
かつて日本語の発音では、ぢとじ、づとずは、区別していたようです。
しかし、いつのまにか、同音となり混乱が生じていため、文部省が
表記を統一した。という経緯があるそうです。

余談ですが、司馬遼太郎さんの「街道を行く」に
「この改革によって、高知県の小学校が大混乱におちいった。
高知では、ずとづを区別して発音する。水は「みどゅ」であって断じて「みず」ではない。」
というような記載があったのを思い出しました。


#5さんの説明を、分かりやすく補足しますと、 
本来「つ、ち」という発音である言葉が連合、連呼によって濁音化
した場合のみ、づ、ぢと表記されるということです。

連合の例
折る+つる=おりづる のように本来の「つ」という発音が、他単語
と結合することによって、濁音化した場合「づ」と表記します。

連呼の例
他に、ふぶき、こごと など同音が続いたときに、後の音が濁音化することを言います。 

”ず づ ” と ”じ ぢ ” の使い方は同じようなものです。現代仮名遣いでは”ず づ ”と発音されるものは”ず ”、”じ ぢ ”と発音されるものは”じ ”と書くようになっています。しかし、例外として
 1.二つの言葉が連合して生じたもの。
 例、はなぢ、いれぢえ、--ぢから、--づくし
 2.同音の連呼と呼ばれているもの。
 例、ちぢむ、つづく、つづる など
 ただ、はなぢなどは鼻と血を意識していない場合が多くはなじでもいいことになっているようです。地震などは原則どおり、じしんです。

例外は別の機会に探していただくとして。

ワープロ等を教える時は「ず」と「づ」の使い分けは
そのまま発音して違和感が無い時ほうに濁点をつける、と教えます。

気づく ⇒ きがつく なのでつにてんてん きづく
続く  ⇒ つづける なのでつにてんてん つづく 

どちらでも変換されてしまう例外として。
例外:基づく ⇒ 基づく、基ずく 
   少しずつ ⇒ 少しずつ、少しづつ

使い分けに困ったら、ばらして考えます。

もともとを考えればよいと思います。

例えば「使いづらい」は「使うことがつらい」なので「づ」ですよね。

広辞苑に掲載されているようです。

濁点をとり、発音してみて通じる方の文字に濁点をつける。
と昔教わった記憶があります。
例外も存在するみたいなので、逆に例外として記憶します。

すこしづつ->すこしつつ
つづく->つつく

など。

こんにちは。maruru01です。

とりあえず、濁点のない単語の前に別の単語が付いて濁点が付加される場合は、元の文字に濁点です。

釣り(つり)→船釣り(ふなづり)
済み(すみ)→確認済み(かくにんずみ)

とりあえず、です。
では。

このQ&Aは役に立ちましたか?23 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集