ガンダムのアニメを見ようと思うのですが、種類が多いので何からみればいいか迷うのでオススメのシリーズがあれば教えてください。見る順番のオススメがあるかたも教えてください。

A 回答 (13件中1~10件)

それぞれの作品の魅力は下の方々が大いに語って下さっているので割愛。



今まで、ガンダム以外のロボットアニメ作品をそれなりに見てきた場合は、機動武闘伝Gガンダムがおすすめです。

ストーリーは少年ジャンプ漫画やスーパーロボット作品のような『努力・友情・勝利』、そして『愛』がメインテーマとなっています。『戦争モノ』である他のガンダムに対し、この作品は格闘モノですが、それぞれの人物の企み、悩み成長する主人公等、ガンダムらしい要素もしっかり抑えています。

ただ注意としては、この作品はガンダム作品の中でひときわ異彩を放った作品であり、他のガンダム作品とは大きく逸脱した作風であることは把握した上で見たほうがいいです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95% …
    • good
    • 0

やはり原点であるファーストをまず見るべきだと思います。


続編が見たいのなら年代順にΖ、ΖΖ、逆襲のシャア。
ファースト、ΖはTV版と劇場版三部作があります(多少展開に差が、映画は一年もののアニメを約2時間にまとめたので多少大ざっぱ、Ζは特に)。
OVA(TVでは放送しない外伝)もファーストと同時期の作品(0080、IGLOO、第08MS小隊、他)、ファーストとΖの間の0083と多い点もあります
    • good
    • 0

No.7です。


長々とした回答で申し訳ありませんでした。
が、字数を心配して説明を省いた、5作品について、説明しようかと。蛇足でごめんなさい。

機動武闘伝Gガンダム
 宇宙に、各国のようなコロニーが存在する。コロニーごとに国とし
 ての自治を行っているが、地球を含めた全体の支配を行っている。
 4年に一度、人類全体の支配権をかけた、ガンダム・ファイトが
 地球で行われている。各国が、1機のガンダムとガンダムファイター
 (操縦者)を地球に送り、地球上の各地でガンダム同士の格闘を
 行わせ、最終勝利したガンダムの国が、次の4年間の支配権を
 得られる、というルール。
 ネオ・ジャパンが送り込んだガンダムのファイターには、ガンダム
 ファイターにならなくてはならない理由があった・・・。
 途中、他の3人のファイターと先頭の末に仲間関係になる。
 主人公の、ガンダムに乗らなくてはならない理由が、ミソ。
 最終回は、全ての戦いに決着が付くものの、大爆笑できる。
 主人公:ドモン・カッシュ、ライバル:いっぱい。(苦笑)

新機動戦記ガンダムW
 地球からのコロニー支配に抵抗する者が、地球にガンダムを送り
 込む。それは偶然か、同時期に5機のガンダムが送り込まれた。パイ ロットは15~16の少年。彼らは、地球連合に強い影響を及ぼし
 ているロームフェラ財団や、財団によって作り上げられた
 スペシャルズ(後にOZ、オズに改名)に対し、各個に戦闘を挑み、
 戦い続ける。
 美少年5人組という主人公設定により、女性ファンが急増。また、
 リリーナという数奇な運命を背負っている少女が登場する。彼女の
 変遷はとんでもない。(苦笑)金髪に仮面、という、ファースト
 を想起させるようなキャラクターも登場する。その他、様々な個性
 的なキャラクターが登場する。
 全員ではないが、いくらかの登場人物たちの名前が、各国語の数字が
 元になっているので、何語のどの数字か、探すのもいいかも。
 (ただし、数字はキャラクターの役割とは無関係)
 主人公:ヒイロ・ユイ、デュオ・マックスウェル、トロワ・バートン
     カトル・ラバーバ・ウィナー、張五飛

機動新世紀ガンダムX
 ある組織にとらわれていた少女を、天涯孤独の少年が助けるところ
 から物語は始まる。少女は、勘が鋭かったり、周りの人々の感情に
 敏感だったり、様々な能力を持つ。かつて、大戦ではこの貴重な能
 力の持ち主をニュータイプとして利用した。その彼女の導きで、
 主人公の少年はガンダムXというガンダムに乗り込む。彼は、
 かつて大戦で戦ったニュータイプ(元ニュータイプ?)で、
 現在はジャンク屋として動いている人と出会い、彼らとともに
 旅を続ける。最終的に、月にある基地にたどり着き、また、彼ら以
 外にも月の基地集まった人々が目にしたものは・・・。
 イマイチ視聴率が伸びなかったのか、ファースト同様に、打ち切りの
 憂き目にあってしまった不幸な作品。ファーストで初めて使われた
 「ニュータイプ」とは、に、ある回答を示している。
 (正しい解答というわけではなく、こういう解釈もあるんだよ、
 という回答です。)
 改めて見直すと、良い作品だと思うんですが。
 主人公:ガロード・ラン、少女:ティファ・アディール

機動戦士ガンダムSEED
 ある時、地球に、学問的にも体力的にも優れた人物、ジョージ・
 グレンが現れる。彼の活躍に人々は熱狂する。しかし彼は、
 自分が遺伝子操作によって作られた人間であることを公表し、
 その方法を公開して姿を隠した。その後、賛否両論入り乱れる中、
 遺伝子操作によって人間の基本的能力の高い子供が多く作られるよ
 うになる。彼らを、コーディネイター(調整者の意味。)と呼ぶよ
 うになる。彼らが成長するに従い、コーディネイターとナチュラル
 (人為的な影響を受けず生まれる人々)との間に、軋轢が生じ、
 コーディネイターたちは安息の場所を宇宙に求め、スペースコロニー
 を作り、そこで生活を始める。やがて彼らは、プラントとして、
 地球からの差別や支配に抵抗する。
 やがて、地球からの支配に対抗するプラント国家に対し、地球軍は
 あるプラント(コロニー)に核爆弾を打ち込む。血のバレンタインと 呼ばれたこの事件のあと、地球とプラントは戦争状態になる。
 主人公は、中立を掲げるオーブ連合首長国の所有する宇宙コロニー、
 ヘリオポリスの学生で、実はコーディネイター。(15?16歳?)
 ある日、中立コロニー内で地球軍が兵器を製造しているという情報
 に基づき、これを奪い取るか破壊するかを目的とした、プラントの  軍組織ザフトの、クルーゼ隊の少年兵士達が進入してきたことから、
 主人公は戦闘に巻き込まれる。そんな中、負傷した地球軍士官に
 駆け寄った主人公は、その士官に襲い掛かろうとしたザフト兵が、
 自分の幼馴染で親友だった少年と再会をする。
 親友同士が敵味方となって戦うという運命が、様々な悲劇をもた
 らす。
 主人公:キラ・ヤマト、アスラン・ザラ

機動戦士ガンダムSEED Destiny
 前作の続編。前作の最後で、地球とプラントの間で和平交渉が結ば
 れたが、一触即発の危険な状態だった。主人公はザフト軍の
 パイロットで、かつてオーブに住んでいたが、戦闘に巻き込まれ、
 両親と妹を失った。彼は大切なものを守れる力を得るために、
 ザフト軍に入る。主人公の乗り込む新造戦艦ミネルバの進水式の日、
 何者かがコロニーに潜入し、開発され製造したばかりのガンダム3機
 が奪われる。ミネルバは、進水式もする間もなく、奪取者を追って
 実戦に参加する。ちょうどその頃、地球軍に家族を殺された兵士達
 により、地球に血のバレンタインで破壊されたコロニーの残骸を地
 球に落す、という行動が発覚。地球にこれを落すまいとするザフト
 軍の働きにより小片化した残骸が地球各地に落下し、被害を及ぼす。
 この一件でプラント-ザフト間に再び戦いの火花が散る。 
 前作の完全なる続編で、前作の登場人物が多く登場する。・・・
 多く登場しすぎて、本来メインの主人公と位置づけられていた少年
 は、いつの間にか、主人公の一人、に成り下がっている。代わって、
 前作の2人の主人公がクローズアップされてしまい、番組終盤は、
 ほぼ完全に、前作の主人公の物語になっている。これはひとえに、
 両作品で脚本を勤めた、この作品の監督の妻(脚本家)による
 と言われている。
 ファースト世代の楽しみとしては、今回のラスボス役がかつてシャア
 を演じていた池田秀一氏で、ミネルバの艦長が、ファーストでシャア の上司でもあったキシリアを演じていた小山茉美だったことかな?
 主人公:シン・アスカ、途中からキラ・ヤマト&アスラン・ザラ

作品の世界観がそれぞれ違うので、説明が長くてごめんなさい。

また、この秋から、最新シリーズ
 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)が始まるようですので、
 いきなり、これから入ってもいいかも?
 (SEEDシリーズとも、それ以前のガンダムシリーズとも
 設定が全く異なる新シリーズのようですから。)

以上、ガンダムオタクからでした。
    • good
    • 0

今までの回答は違った方向で。


私はまずGジェネレーションシリーズのゲームをして、そこからこれはおもしろそうと思った作品や興味をもった作品を見ればいいと思います。
Gジェネレーション ポータブルは主要な作品はすべて入っていますので、まずはこれをやってみてはいかがでしょうか?
ちなみに私はSEEDシリーズとWシリーズが好きです。
    • good
    • 0

自分が好きなガンダムシリーズベスト3は↓


1位:ターンエーガンダム
2位:新機動戦記ガンダムW(エンドレスワルツ含む)
3位:機動戦士ガンダム 第08MS小隊
こんなところです。
    • good
    • 0

こんにちは、karinjouさん、ガンダムの世界へようこそ(^o^)丿


わたしは10歳のときに今で言うところのファーストガンダムの
洗礼を受けたものです。
あれから、うっかり約30年近くガンダムな日々です。

アニメは、もちろんファーストガンダムをお勧めします。
やはり原点な物ですから、「始まりありき」です。
順番はNO.7さんの説明で十分でしょうが、
もしレンタルでDVDファースト劇場三部作特別編を見るのは
お勧めしません、音声再録音だったりして、
ずいぶん違和感を感じましたので。
ここはあえて、TVシリーズで、
やはりこれを踏まえておくと、W、X、SEEDとかも
よく理解できると思います。

あと、切口を変えて、安彦良和氏の「ガンダム・ジ・オリジン」
を数巻読んでから、映像媒体に入っても
良いかもしれませんよ。
いくらか本編より補足説明がされています。

いささか駄文ではありますが、質問者様のお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0

質問者さんの年齢が判らないですが、


ガンダムと名のつく作品を1つも見ていない、
と仮定させていただきます。

ガンダム作品を並べてみます。簡単な作品紹介もしてみますが、
あくまで個人の主幹ですので、参考に留めてください。
また、特に記載のない場合、作品内の年号は、「宇宙世紀」です。

機動戦士ガンダム(通称:ファーストガンダム。)
 全ての作品の原点、地球から宇宙への移民を始めてから
 79年経ったときに勃発した、あるコロニー(宇宙の生活用施設)
 の独立戦争の話。(ジオン公国を名乗る)1979年放送。
 後にTV版を編集した映画3部作もあり。
 主人公:アムロ・レイ、ライバル:シャア・アズナブル

機動戦士Zガンダム(ゼット、ではなく、ギリシャ文字のゼータ)
 ファーストから7年後。先の戦争の敗戦軍であるジオン軍の残党狩り
 を名目に掲げて地球連邦軍内に台頭してきたエリート集団、ティター
 ンズと、その傍若無人ぶりに半旗を掲げた反地球連邦組織エゥーゴと
 の戦い。途中で、7年前のジオン公国残党勢力アクシズも加わり、
 戦局は複雑化する。基本的に前作の続編なので、前作の主人公達も
 かなり出てくる。話は複雑化するので、全体的に暗い印象有り。
 私の個人的好みでは第1位なんですけど。1985年放送。
 つい最近、TVシリーズをまとめなおした映画3部作有り。
 ただし、声優が変わっていたりストーリーも大きく変わっているので
 要注意。
 主人公:カミーユ・ビダン、クワトロ・バジーナ

機動戦士ZZガンダム(ダブルゼータと読んでね。)
 前作、Zの続編。まさに、戦闘が一段落して戦艦が、補給のために
 あるコロニーに入港するところから、話が始まる。勢力図は、前作
 の最後でがらりと変わっている。アクシズは、ネオ・ジオンと名を
 変えている。前作が暗く重くなりすぎた反動からか、作風はガラリと
 変わり、ギャグ的要素も多く含まれている。が、物語終盤に向かい、
 戦争の悲劇が多くなる。最後は、一応きっちりカタがつくので、
 その点はすっきりするかも。ただ、前作の続編と言いながら、ごく
 少数を除いて前作キャラはほとんど出ない。1986年放送。
 主人公:ジュドー・アーシタ、ライバル?:ハマーン・カーン

劇場版機動戦士ガンダム逆襲のシャア
 ファーストガンダムの一年戦争から、14年、Zからは7年が経過。
 宇宙で組織されていった、ネオ・ジオン軍(ZZのネオ・ジオンとは
 別の組織。)と、その活動を追っている地球軍のロンド・ベル隊を
 中心に描かれる。かつてのシャア・アズナブルは、ネオ・ジオンを
 率いる総統となっていた。地球に「核の冬」をもたらして、地球から
 人間を排除使用と考えるシャアと、地球軍の体制に不満を抱きながら
 も、ネオ・ジオンの計画阻止に奔走する、ロンド・ベル隊の、アム
 ロ・レイ。かつてのライバルが再び相まみえる。1988年公開。
 ZZ関係者はあまりでないので、Zからこの作品に飛んでも問題なし。
 主人公:アムロ・レイ、シャア・アズナブル

ここまでが、ファーストから続いた、アムロ対シャアの戦いです。
まあ、ここで一段落しても良いでしょう。

ここから、つぎのTV作品までの間に、OVA(TV放送のない、セル・ビデオの作品)が作られました。基本的に、ファーストと同時期か、その後の様子を全く別の主人公を立てて作った作品です。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
 ジオン軍兵として、連邦軍の機密を探るために潜入した兵士と、少
 年、そして、少年の隣の家のお姉さん(実は連邦軍兵士)の話。
 少年が関わっていく課程がちょっと冒険心をくすぐるけれど、それが
 最後の悲劇をより強くさせる。1989年発売。
 現在も声優界で活躍している浪川大輔氏の、声変わり前の声が聴け
 ます。
 主人公:アル、バーニィ、クリス
 
機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー
 一年戦争が終結してから約3年、ジオン軍の残党が挙兵!
 連邦軍のパイロットと、技師である女性と、ジオン軍の残党デラ
 ーズ・フリートに籍を置く兵士(指揮官?)の三角関係も絡めた
 戦争作品。1991年発売。
 1992年に、機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光という
 劇場版が公開された。
 主人公:コウ・ウラキ、ライバル:アナベル・ガトー

さて、TVシリーズの前に、OVAと前後しますが、
劇場版が公開されました。

機動戦士ガンダムF91(フォーミュラ91)
 123年、コスモ・バビロニアという国というか組織が、クロスボ
 ーン・バンガード軍を率いて地球軍に反旗を翻した。この戦いに、
 工業高校に通う学生達を始めとした市民が巻き込まれる。同じ学校
 の同級生同士の男女が、次に出会った時は、敵対する組織に身を置
 いていた。ちなみに、この男女の結末は描かれていますが、その後
 戦争の結末については詳細な説明はない・・・。1991年公開。
 主人公:シーブック・アノー、セシリー・フェアチャイルド(別名
 有り)

ここまでを経て、TVシリーズが復活します。

機動戦士Vガンダム(ヴィクトリーガンダム)
 153年、宇宙では、マリア主義を掲げる、ザンスカール帝国が台  頭。地球でも宇宙でも、反ザンスカール組織のリガ・ミリティアとの
 衝突が始まっていた。その影響は、高地の田舎にひっそりと暮らして
 いた少年少女達を巻き込んでいく。
 マリア主義の中心がマリア・ピア・アーモニア、連邦軍もシュラク
 隊が、隊長を除いて全員女性、というあたり、女性の性、母性をイメ ージさせることが多かった。また、ザンスカール帝国では、ギロチン
 を使うなどの残虐性も表現されていた。1993年放送。
 ガンダム史上最年少パイロットと、ガンダム史上最もキレてる女性
 が登場する。次回予告の、「見てください!」が、だんだん切実に
 なっていく。戦局だけではなく、視聴率も危なかったのか?
 主人公:ウッソ・エヴィン、シャクティ・カリン

機動戦士ガンダム第08MS小隊
 一年戦争時に地球のある場所で戦っていた、連邦軍のモビルスーツ
 部隊の様子を描いた作品。OVA作品。伏線として、小隊長は、以
 前に宇宙軍に所属して、その時にジオン軍と交戦、その時に、ジオ
 ン軍の女性パイロットと短い時間を共にしている。で、彼女との、
 地球での敵同士としての再会も描かれる。小隊員達にもスポットを
 当てて個性的な隊員達を紹介している。1996年販売。
 1998年には、機動戦士ガンダム第08MS小隊 ミラーズ・リポ
 ート という劇場版が公開された。
 主人公:シロー・アマダ、アイナ・サハリン


ここまでが、一応、宇宙世紀で繋がっている作品群です。
また、ここまでの内、TVシリーズとその劇場版は、富野由悠季氏が監督で、OVAシリーズとその劇場版は、別の人が監督しています。原点になる作品を生み出したのが富野氏なので、彼が直接携わった作品だけを「ガンダム」と言う人も、稀に、います。まあ、あとは、舞台設定を利用したりしたスピンオフですね。

その後、
TVシリーズは、
機動武闘伝Gガンダム 1994年放送。
新機動戦記ガンダムW(ウィング) 1995年放送。
機動新世紀ガンダムX 1996年放送。
と、宇宙世紀とは別の世界でありながら、ガンダムという
人型兵器を使った作品が生み出される。

OVAや映画は、
美少年5人を主人公にして人気の出た、
ガンダムW エンドレスワルツ 1997年発売。
どう作品の映画化 1998年公開。
がある。

その後、満を持して富野氏が総指揮を執った、
ターンAガンダム が1999年に放送される。
 ある時代の地球では、人々が現代の地球より少し以前の、ちょうど
 産業革命ぐらいの生活水準を送っていた。飛び抜けた科学力はない。
 しかし、そこに、月に住む人間達から送り出された少年少女達が
 紛れ込んでいた。彼らは、いずれ月の人類が地球へ帰還する時の、
 適応度を見るために、月から送り出されていた。
 そんな中、領土を収める領主だけが、月から送られた通信機により、
 月と交信を続けていた。しかし、ある時、突然月からの艦が、地球に
 降り、人型の兵器が突如現れる。祭りの夜に突然現れた兵器に人々
 は驚くが、その街の祭りのシンボル、岩壁が人型に掘られたような
 ホワイトドールが、突如兵器に反応し、動き始めた。
 祭りに参加していた月から来た少年は、偶然パイロットになる。
 富野氏は、これまで自分以外の手によって生み出された全ての
 ガンダム作品を、「黒歴史」として、封印された忌まわしい記憶、
 と位置づけ、全てのガンダムを受け入れる、と当時言っていた。
 主人公:ロラン・セアック、ディアナ・ソレル、ソシエ・ハイム、
     キエル・ハイム
 2002年始めに、2本立ての映画として公開された。


で、2002年の秋から、
全く新しいシリーズとして、(富野氏は関わっていない)
機動戦士ガンダムSEEDが放送された。
1年おいて、機動戦士ガンダムSEED Destinyが放送された。

と言う流れなので、アムロ対シャアを見終えた後は、
後は好きな順序で見て構わないと思います。
  
・・・回答、入りきらなかった???
    • good
    • 0

ΖΖは小説がいいです。

ちょっとグッときます。
    • good
    • 0

平成生まれ前後の世代でしょうか?



古いアニメに抵抗が無いのであれば、機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)から入って欲しいというのが本音。
ここから入れば他の回答者の方が書いているような流れで見ていけばいいです。
宇宙世紀と呼ばれる長いシリーズを見たいのなら間違いなくここが原点ですが、興味本位で入るにはどうなのかわかりかねます。
少なくともオリジナル音源の劇場版ガンダムは見ておく価値はあると思いますけど。
ガンダムAで連載している福井晴敏の小説「ガンダムユニコーン」を楽しむには、このガンダム⇒Ζガンダム⇒ガンダムΖΖ⇒逆襲のシャアの流れは理解しておかないと楽しめません。
ガンダムの本流ファンは、ここに位置します。

熱いアニメが好きなら、「機動武闘伝Gガンダム」というのもあります。
完全にシリーズとは分離した単独タイトルになるので、これを見ても(気に入っても)他のガンダムにつながりませんが…。
一部熱狂的な漢なファンがいるガンダムだけど、格闘路線の子供っぽくも熱いノリなので、好き嫌いが分かれる要因でもあります。

あとは、10月からだっけ?から始まる「機動戦士ガンダム00」から入るのもいいかも。
全くなんのしがらみも持っていないのなら、全く独立した単独タイトルの新作を見るのもいいかもね。

なんだかんだいっても、1979年に制作され続編が作られたり、同じタイトルの別アニメとして作られ続けているアニメなので、若い人だと初期作品を見るのは抵抗があるだろうから、何から見たらいいよっていうのがとても難しい。
本気でガンダムを見たいのだったら質問する前に一番古いガンダムを見るだろうしとか考えたりするのでね。

色んな人の回答を参考にしてごらんになって下さい。
趣向によっては面白くないかもしれませんが、多くのファンがいるアニメなので何かしら面白い要素はあると思います。
    • good
    • 0

機動戦士ガンダム(1st)とΖガンダム、


逆襲のシャアは見ておくべきでしょう。
全体的に古臭さは否めませんがガンダムの基礎教養とでもいうべき初期の傑作たちです。ガンダムは映画三部でも話の大筋は理解できると思いますが、Ζ劇場版は構成が良くないので、話数が多くて大変でしょうがTV放送版をお勧めします。(TV版を見た後であれば、比較する意味でも一見の価値はあると思います…)
気が向いたら「ΖΖ(ダブルゼータ)」も見てください。評価はあまり高くはありませんが、個人的には好きな作品です。

最後に劇場版の「逆襲のシャア」を見てください。
「機動戦士ガンダム」から続く”連邦VSジオン”“アムロVSシャア”という一つの区切りができます。

あとはOVAシリーズで「0080」「08小隊」「0083」があります。
これらは1st前後の歴史を補完するような形で製作された作品で、製作陣がそれぞれ違うので作品の雰囲気は違いますがどれも評価は高めです。

平成のアナザーものに関しては、他の人にお任せします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ