夏樹静子の「家路の果て」
この本のお話って、なんていうジャンルと言うんですか?
いまだによくわかりません。

かなり昔に読んだ本なので内容は忘れてるんですが、現実に起こりそうな事柄をシリアスに描いてたというイメージです。

また、この「家路の果て」に似たような内容の読みやすい小説をご存知ありませんか?
あまり難しい漢字がない、著者独特の癖があまりない優しい本が希望です♪

私の読書レベルは
赤川次郎 ○
(すごく読みやすかったのでかなりの数読んだことありますが、さすがに今は物足りない)
森瑶子 ○
(家にあったので、好奇心でかなりの数読んだことがあります。これも読みやすかったし面白かった。)

夏樹静子 △ 
(「Wの悲劇」「家路の果て」だけは面白かったんですが、他は内容がつまらなくて・・・)

夏目漱石 ×
「こころ」とか、すぐ嫌になりました。
文章に癖がありすぎてとても疲れます。(漱石さんゴメンちゃい;;;;(;・・)ゞ)

日本文学集みたいな奴 ×
 (苦手。何年経っても全然読みません。)

推理小説も好きなので、エラリー・クイーンも試したんですが、何故か読みにくくて、あまりハマれませんでした。


こういうレベルの人にも楽しめる「家路の果て」みたいな面白い小説をご存知でしたら教えてください。

A 回答 (1件)

北村薫の作品を読まれてはどうでしょうか。


日常の些細な謎や疑問を明快な論理で解決するという「日常の謎」をテーマとしたジャンルの先駆者として位置付けられいている作家です。
落語家・春桜亭円紫と女子大生の私が「日常の謎」を解決していく『円紫さん』シリーズ(創元推理文庫)
 「空飛ぶ馬」
 「夜の蝉」 
 「秋の花」
 「六の宮の姫君」
 「朝霧」
といった作品があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ