『ママレード・ボーイ』(吉住渉原作、1994年~、東映動画製作)というアニメがあります。
wikipediaなどでは「トレンディドラマを意識した製作手法……」と紹介されてたりしますが、実は、「日本の連続テレビアニメとしては、『恋愛』要素一本で描いた最初の作品だったのではないか?」と私は思っています。ところが、それについて言及した文章を読んだ記憶がまるでありません。(私の認識不足でしたらすみません)

詳しく説明すると、それまでの「恋愛」要素を含んだ作品は、多かれ少なかれ、「他の要素」が作品の骨子として外せないものになっていました。

「恋愛もの」といって私が真っ先に浮かぶのは『闘将ダイモス』ですが、もちろんこれは「ロボットアニメ」です。
女児ものとしては魔法少女やスポ根、コメディが主でしたし、主人公の属性が「ごくふつうの女性」というもの自体、少数派かもしれません。
本格少女マンガに材をとるようになっても、たとえば『キャンディ キャンディ』は「少女の半生記的大河ドラマ」要素が強いと思いますし、『陽あたり良好!』だと「ホームコメディ」プラス、一部は完全に野球アニメになっていました。

唯一、これはどうかな? と思うのが『愛してナイト』です(原作は未読)。
ただ、アニメ版のほうは、「下町人情もの」としての要素がけっこうあったような印象をもっています。

これらに比べて、『ママレード・ボーイ』は、とにかく「好きだ嫌いだ、くっついた離れた」だけで長期間のストーリーを描ききっています。恋愛以外のエピソードも、けっして本筋の恋愛要素を食うようなことはありません。主人公・光希にしてからが、見事に目立った属性のない普通の女の子です(テニス部員ですが、優勝を賭けてどうの、という展開にはなりません)。
唯一、他の要素と言えそうなのは、「遊の出生の秘密とコンプレックス」くらいですが、全体に占める割合はかなり少ないと思います。

そういうわけで、本作は「初の恋愛主流アニメ」としてもっと認知されて良いと思うのですが、もしかしたら、私の見落としがあるかもしれません。

他に、これこそが「初の恋愛主流アニメ」では? という作品がありましたらご教示ください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

やっぱり恋愛アニメって言ったら「The かぼちゃワイン」かな。


ウィキペディアにストーリーの説明があるので省くとして。
超能力とかそんなものは一切なくて、チビで硬派の男の子と大柄で乙女な女の子がドタバタやっているだけなのに、何度か再放送があってストーリーが分かっていても、ついつい見てしまう作品でした。
少年漫画なのに珍しいですよねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおりですね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/12 19:54

The・かぼちゃワインは1982年スタート。


みゆきは1983年スタート。

多分ここいら辺が初なんではないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、です。
少女マンガ視点で探していたので気づきませんでした。

『みゆき』は「血のつながらない秘密」をめぐるいろいろが無視できないレベルで入ってる気がするので、「?」ですが、たしかに『かぼちゃワイン』はラブコメ要素ありとはいえ、「本筋は恋愛もの」ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/12 19:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ