狂牛病と痴呆症の関係はどこまで分かっているのでしょうか?狂牛病の牛の危険部位を食すことで、潜伏期間が10年から50年と言われている、クロイツフェルト・ヤコブ病と言われる痴呆症になることははっきり分かっています。しかし、一般的な痴呆症が、狂牛病と関係がないと証明されているのでしょうか?

A 回答 (3件)

一般的な認知症が、アルツハイマー型だけでないのはご存じですか?


認知症=アルツハイマー病ではありません。
血管性のものもあります。
(アルツハイマー型は脳が圧迫されるのでなく、萎縮するんだと思いますが・・・・CT画像などで画像として萎縮が写ります)
http://care.toshiba.co.jp/care/nyumon/ninchi/nin …

おっしゃるように実態は不明であると思います。
しかし関係が無いと証明されていないのならば、関係があるとも証明できないでしょう。
また、もし研究があまり進んでいないのであれば、それは証明できるか否か以前の問題です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E6%B5%B7% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。実態が不明で研究も進んでいないとすれば、不思議ですね。いぶかしめば、何らかの圧力があるとも考えられますが。

お礼日時:2008/04/28 14:03

 正確な用語は狂牛病=BSE、痴呆症=認知症とされています。

これは基本ですから、あまり間違った用語は使わないほうがいいです。

 まず、クロイツフェルト・ヤコブ病は認知症の分類のひとつであって、イコールではありません。またBSEは変異型クロイツフェルト・ヤコブ病ですので、これもイコールではありません。

 従って、
>狂牛病の牛の危険部位を食すことで、潜伏期間が10年から50年と言わ>れている、クロイツフェルト・ヤコブ病と言われる痴呆症になる
 という説は間違っています。どこかに書いてあったんですか?

>一般的な痴呆症が、狂牛病と関係がないと証明されているのでしょうか
 BSEの発症後の症状のひとつとして認知症様の症状がでることはあるでしょうが、特にこの二つを関連付ける研究や学説はみたことがありません。 「無い」という証明が可能かどうかは別として。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。細かいことは良く分かりませんが、ヤコブ病というのは、プリオン(プロテイン)が原因とされる病気の一つに過ぎないようです。Creutzfeldt-Jakob Disease Foundation のホームページなどを見て見て下さい。いまだに、原因が良く分からず、専門家でさえ診断が難しく、年間発症率は百万人に一人とされていますが、それも間違いだと断言しています。
アルツハイマー病も、プリオンによる痴呆症も、結局、専門家の研究レベルでも不明点が多く、一般医療の診断レベルでもその判断が非常に難しい。これでは実態は不明なのではないでしょうか?やはり関連性の否定の証明はされていないようですね。

お礼日時:2008/04/24 13:07

中途半端な知識じゃないですか?



ヤコブ病はウイルス性(ウイルスよりもっと小さいプリオンと呼ばれる病原体)の脳障害で、その発症例の中に記憶障害も含まれるかと思いますが、代表的なアルツハイマー型の認知症は脳内に水が溜まる事によって、脳が圧迫されることにより記憶障害が発症する病気でしょう。

ヤコブ病の代表的な症状は四肢の麻痺で質問者さんの言う「痴呆」症状ではないと思われます。
ニュース映像でもよく見ましたが、白目をむいて涎を垂らし、立つ事も出来ない牛の姿を見た事はありませんか? あれと認知症を一緒にするのは明らかに違うと思いますがどうでしょう?

医者でも無い私の「知識」の範囲内での回答ですが、参考にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
良く知らないのですが、やはり、証明まではされていないのではないですか。アルツハイマーも原因はよく解明されていないと聞きます。一般的な痴呆症にも進行が早いものがあり、身動きさえ出来なくなる場合もあります。狂牛病と痴呆症、完全否定されない以上、中には因果関係がある場合もあるのではないでしょうか。

お礼日時:2008/04/24 10:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ