序盤の、あの妖怪人間ベムをVHSレンタルで見終わり、キラとか言う少女が出て来る、2006年版の妖怪人間ベムを、もうそろそろ最終巻まで見終わる頃になります。

ベムのシリーズは、世界は矢張り、全部繋がっているのでしょうか??
パラレルワールドではない方が良いですよね。

ここで。
あの一番古いベムが、「もっとダークで味があった」ように思います。
残酷でしたが。
まあどちらにもそれぞれの良さがありますね。
絵柄が綺麗でほのぼのしているライトなものだが、若干、ありきたり感が強く味が淡白なのは2006年版、
ダークだがシチュエーションが豊富で味が濃厚だったのは無印。
まあ、まるでラーメンの味を批評するみたいですが。(微笑)

2006年版のベムも好きですが、ちょっと平和な現代日本と言う風刺が描かれていて、多少ありきたりな空気がプンプン漂っている感じだったようにも思います。
それで、平和ボケしてチャラチャラ、グダグダとした人間像、若者の像を見ていると、矢張りイラッと来るようなところもありましたね。
新しい方のは「妖怪退治一直線」でしたね。若干、退屈で白ける所も目立ちましたが、楽しめました。
妖怪伝説や神話の幻獣は元々大好きですので。
古いベムでは、敵が悪い人間だったり、妖怪や怨霊、悪霊等の色々な化け物であったりで、シチュエーションが多彩でとても面白く観れました。

A 回答 (2件)

昔はあの年代のアニメは結構再放送していたので見れる限り見ていましたが、最近のアニメは見たいと思うものがほとんどありません。


なので、古い方の「妖怪人間ベム」は再放送で何度も見ましたが、新しい方は製作されたのは知っていましたが見たいとは思いませんね。
当方も「妖怪人間ベム」や、No.1の方がご紹介の「黄金バット」も大好きです。主題歌の音楽・歌詞もところどころ覚え間違いはあるかも知れませんが、ほとんど覚えています。

あの頃のアニメはバッドエンドも当たり前だったのに、現代アニメはハッピーエンドじゃないとダメみたいな風潮があるような気がします。
「フランダースの犬」=これが現実だ、ということを知って欲しいものです。

「黄金バット」見たくなった・・・
    • good
    • 0

そのあとで放送した黄金バットさんのお話で、制作スタッフがほとんど同じこともあって妖怪人間もどきさんがいっぱい登場してますね。


強い!絶対に強い!われらが黄金バットさんもお忘れなく!
バットさんですよ。さん付けで呼ばれる、こんなに特別待遇の輝くドクロ。ワハハハハ。無敵で不死身で正義で素敵。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ