オススメのコミックエッセイを教えください。
読んでみて面白かったのは以下の方々です。
この方々の作品は全て読み終えていますので、出来れば他の作家さんの作品をご紹介頂ければ嬉しいです。
・たかぎなおこ さん
・k.m.p さん
・小栗左多里 さん
・蛇蔵 さん
・鈴木ともこ さん
・けんもちまよ さん
・ボンボヤージュ さん
・グレゴリ青山 さん
特に好きなのがたかぎさんとボンボヤージュさんです。
どうぞ宜しくお願い致します。

A 回答 (5件)

エッセイじゃないかもしれないけど、



 看護学生のないしょ

は、面白いです。作家さんの実体験にもとづくものらしいです。
    • good
    • 0

ハガレンの作者の荒川 弘さんの百姓貴族がおすすめです

    • good
    • 0

『トルコで私も考えた』高橋由佳利


http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82 …

現在5冊発行されているシリーズです。
少女漫画家の著者が、トルコ人のご主人と生まれた子どもとの生活をマンガ日記のように書いてます。
トルコに在住していたころの生活習慣、食べ物など明るく楽しくあっという間に読めます。

『インド夫婦茶碗』流水りんこ
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83 …

こちらも漫画家の作者が描いている、現在13冊をシリーズ化してるエッセイです。
南インドのケララ州出身のご主人と2人の子ども、ご主人が開いたインド料理のお店のこと、生活習慣やインドに棲むご主人の家族についてとか書かれて、楽しくも騒がしい日常の様子が面白いです。

いずれも、日常生活と外国人の伴侶の生活のずれが楽しいです。
    • good
    • 0

佐久間智代「猫鍋」「株ぢから」


ヤマザキマリ「モーレツ!イタリア家族」「それではさっそくBuonappetito!」「イタリア家族風林火山」
黒川あづさ「アジ玉。~アジアの玉の輿~」(文庫タイトルは「バングラディシュで玉の輿」)
荒川弘「百姓貴族」
鈴木有布子「犬行」
高橋由佳利「トルコで私も考えた」「トルコで私も考えた 21世紀編」
とぽすけ「だらだら毎日」「だらだら毎日 爆裂編」「だらだら毎日 アメとムチ編」
    • good
    • 0

森下えみこ「独りでできるもん」(1~3)「本日も独りでできるもん」「女同士だもの」


たかはしみき「ハルとソラのミニチュアな日々」「つれづれふたり暮らし」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ