悲しい日本の太平洋戦争の戦争映画
40代です。もう40年以上前、ほんの幼少のころ、小学校前にみたテレビです。映画かドラマかです。

子供にはあまりにも凄惨なシーンでした。
日本軍の輸送機に何人の兵士が搭乗しています。
途中米戦闘機に襲撃され、機銃が胴体を貫通して中の兵士が死亡します。
操縦士は無事で機は被弾しながらもなんとか飛行をつづけます。

おどろくべきことに
生存兵が仲間の死体を機内からほりなげるのです。
この前がどうだったか、このあとどうなったか、おぼえていません。
あまりにもむごいこの情景だけが記憶にのこっています。

いまからおもえば
・敵機を振り切るため、機体を軽くするためだと思います。
・死体を機内から遺棄するさい、死んだ仲間にかたりかけ、無念そうでした


わずかな記憶から、しらべたのですが
・輸送機はおそらく零式輸送機
・襲撃した米戦は逆ガルなので、F4Uコルセア

・・・・
誰にもこの話をしないまま40年過ぎました。
もちろんむごすぎて話したくもありません。
でもいったいなんの映画だったのか。

A 回答 (3件)

太平洋の翼です。

本土防衛で活躍した紫電改の映画です。
    • good
    • 0

お探しの映画は、1963年東宝製作。

松林宗恵監督の「太平洋の翼」ではないでしょうか?

名機と言われた「紫電改」を登場させた東宝オールスター出演の戦争ドラマです。

特攻していく「紫電改」が戦艦大和の上空を旋回するシーンが心に残っています。

当時、若大将で人気の加山雄三が主役だったが、若大将がらみなのか星由里子も
出演していたがあまり意味がなかったような気が・・・・。

もし、違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0

恐らく1963年の東宝作品で加山雄三が主演した「太平洋の翼」に間違いないと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ