夢中になる時代小説は何ですか・・・!?

私は、「御宿かわせみ」「鬼平犯科帳」「髪結い伊佐次捕物余話」「みをつくし料理帖」
などを以前にこのサイトで紹介してもらい、今夢中になって読んでおります。

ますます読書欲が旺盛になってきました。

そこで、また今回質問させて頂きますが、今、はまっている、夢中で読まれている
時代小説は、ありますか!?ぜひ、ご紹介の程よろしくお願い致します!

A 回答 (7件)

『孤宿の人(上・下)』宮部みゆき


は上下巻とも夢中で読んでしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
宮部みゆきさんも現代物から時代物まで多彩に書いておられますね。
参考にさせていただきます!

お礼日時:2010/10/21 17:56

稲葉稔「研ぎ師人情始末」シリーズ


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/433473930X.h …

高橋克彦『春朗合わせ鏡』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167164124.h …

宮本昌孝『藩校早春賦』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4087474658.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介していただいたウェブページ見てまいりました。
まだまだ存じ上げない良書が沢山ありますねー。
回答ありがとうございましたー!

お礼日時:2010/10/17 08:04

質問者様の挙げた本を一冊も読んでいないので、お気に召すか不安なのですが


和田はつ子:料理人季蔵捕物控シリーズ
はすごくオススメです!実は今この本にハマっておりまして、これを機に時代小説読もうかなぁって思ってる最中なんです(笑)一冊が結構短いので、息抜きのときに読むとイイと思います^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

和田はつ子さんの「料理人季蔵捕物控シリーズ」実は以前から
気になってました。
今回紹介してもらったのをよい機会に読んでみようと思います。
回答ありがとうございましたー!

お礼日時:2010/10/17 08:01

佐伯泰英さんの


『居眠り磐音』シリーズはいかがですか?

以前NHKでドラマ化もされていました。
今 34巻まで出ているので読み応えありますよ~

http://inemuriiwane.jp/


髪結い伊三次・・・私もちょうど今読んでいます。

同じ宇江佐さんの『雷桜』も良かったですよ。
とてもせつなくなるお話でした(私はこの本を読んでから、髪結いシリーズを読み始めました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!いやー34巻ですか!今「御宿かわせみ」シリーズと
「鬼平犯科帳シリーズ」を7,8巻目まで読んでいる最中で、伊佐次さんを
5巻目に入ったところです。3シリーズの平行読みをしています(笑)
「居眠り磐音」シリーズも本屋さんに行く度にいやでも目に入るので
読みたいなとは思って居るのですが・・・34巻楽しみにとっておこうかなとも
考え中でございます(笑)・・・宇江佐さんの「雷桜」ですね、ぜひ読ませてもらいます!

お礼日時:2010/10/16 18:52

私は、捕り物よりも町人ものが好きなので、そのあたりをおすすめさせていただきます。


・「お鳥見女房シリーズ」(諸田玲子・新潮文庫/新潮社) これが一押しです。江戸時代、鷹匠などの鳥を司る役目、「お鳥見」の娘であり女房であり母である珠世さんの日常生活。常にどんと構えているあたたかいお母さんの珠世さんがとても魅力的です。
・「実さえ花さえ」(朝井まかて・講談社) 江戸の町を彩る花の種や苗を商う「なずな屋」を舞台とした話。江戸の花といえば、朝顔か菊、それもかなりいびつなまでに交配を繰り返すものばかりしか読んだことがなかったので、こういう市井の人々も楽しめた花について描かれていたのが新鮮でした。
・「緒方洪庵 浪華の事件帳」(築山桂・双葉文庫)一応ミステリですが、それよりラブコメが楽しくて笑えました。若き緒方洪庵が出てきますが、歴史ものっぽくはないです。
・「烏金」(西條奈加・光文社)江戸の因業金貸し婆の元をふらりと訪れた一人の青年。彼は返済にあえぐ人々を手助けし、返済を楽にさせて客を増やしていく。彼の狙いはなんなのか?この作者では、最近出た「善人長屋」もサイコーでした。
・「御書物同心日記」(出久根達郎・講談社文庫)将軍様の書庫を管理する御書物同心として働く、古本好きの青年が主人公。古本好きとしても面白かったです。

この回答への補足

諸田玲子さんの「お鳥見女房シリーズ」まずは一冊購入しました!(10月20日)

補足日時:2010/10/20 06:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや~~~すごく参考になりました!
また新しい世界が開けていくような気がします。
「お鳥見女房シリーズ」知りませんでした、すごくよさそうですね。
「実さえ花さえ」も知りませんでした、花の話も面白そうです。
「鳥金」「善人長屋」「御書物同心日記」なども知りませんでした、
とても興味が惹かれますーありがとうございます!

お礼日時:2010/10/16 18:41

個人的には藤沢周平さんの「蝉しぐれ」が素敵だなと思います。


質問者さんのお読みになった作品とは系統が違う気がしますが・・・

作者の描き方(世界観?)に好き嫌いが結構あるものなので、
面白いなと思った作者の他の作品を読むのが無難かもしれないです。

これ、ちっとも回答になってないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、じゅうぶん回答になっていますとも!
藤沢周平さんの「蝉しぐれ」は前から気になっていましたが
まだ、読んでいないです。
これを機に読んでみようと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2010/10/16 18:35

鬼平を読まれているのであれば、同じ池波先生の作品である『剣客商売』をお勧めします。


ついでに、これまた池波先生作品ですが『真田太平記』もお勧めです。

この回答への補足

剣客商売をさっそく入手し、読み始めました!(10月20日)

補足日時:2010/10/20 06:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそうに回答ありがとうございます。
池波先生の大ファンになりました!
鬼平犯科帳は本当におもしろいですね、グイグイ引き込まれます。
「剣客商売」も全シリーズ必ず読もうと思ってます!
「真田太平記」あまり知らないのですがぜひ、これを機会に
読んでみたいです!

お礼日時:2010/10/16 18:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ