好きな作家
・伊坂幸太郎
・成田良悟
・本多孝好
・三崎亜記

好きな作風
ちょっとSF・ファンタジーが混じっている。
舞台はできれば現代日本。時代物は苦手です。
いわゆる若者向けの文学が好きなんですが、ライトノベルは集めるのに苦労しそうなので(成田さんの作品で手いっぱい)、できれば一冊で終わっている作品をお願いします。
長編・短編、どちらでもオーケー。

だいぶわがままな感じになってしまいましたが、アドバイスお願いします。

A 回答 (4件)

伊藤 計劃『虐殺器官』


 ほぼ全ての条件を満たしていると思います。タイトルが物騒なので遠景していたのですが、久々に寝る間も惜しんで一気に読んでしまいました。若者向けの文学かどうかは分かりませんが、文章は読みやすかったです。ぜひとも一読をば
    • good
    • 0

読みやすい!と思うのは、木下半太さん著の



「悪夢の観覧車」

です。

かる~く読めて、泣けます。

でもおもしろさもあります。

一回読んでから読み直すとさらに深まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
悪夢…なんだか恐ろしいタイトルですね…。
ですが、感動もおもしろさもあるということで、興味がわいてきました。
機会があれば読んでみようと思います。

お礼日時:2011/03/20 19:58

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』全10巻


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …

天野頌子『陰陽屋へようこそ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591122379.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンクページも貼っていただけて嬉しいです。
あらすじを読む限り、私のツボをしっかりおさえています!
機会があれば読んでみたいと思います。

お礼日時:2011/03/18 22:23

辻村深月さんの作品が一押しです。

すこし切ない感じがよければ「ツナグ」(新潮社)、文庫がよければ「凍りのくじら」(講談社文庫)がおすすめです。
・「扉守」(光原百合・文藝春秋)どれも、現実にふっと少しだけ違う色を添えられたようなお話でした。
・「竜が最後に帰る場所」(恒川光太郎・講談社)現代でいきるわたしたちの隣にある不思議でちょっと怖い感じがとてもしびれます。
・「宵山万華鏡」(森見登美彦・集英社)ある一夜をぐるぐると綺羅綺羅しい万華鏡のように描いた作品集。
・「角のないケシゴムは嘘を消せない」(白河三兎・講談社ノベルス)今は離れて暮らしている兄妹が東京ですれ違いながら「透明」の謎に迫る話。

一冊完結のライトノベルでは「テルミー きみがやろうとしている事は」(滝川廉治・集英社スーパーダッシュ文庫)が最近のヒットでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
恒川さんと森見さんの作品はいくつか読んだことがありますが、独特の世界観が出ていて面白いですよね。(^^)
紹介してくださったほかの作品も手に取ってみようかなと思っています。

お礼日時:2011/03/18 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ