驚き 桃の木 odoroki momonoki で、同じ音о(オー)が連続する言葉なので、ゴロが合います。

桃の木という言葉が使われてもおかしくない。

しかし、最後に来る、サンショノキ(山椒の木)は?

「おどろきもものきさんしょのき」という言いまわしは、どうして使われるようになったのか教えてください。

A 回答 (2件)

こんばんは。



私の知っているのも、NO.1の方の
「驚き 桃の木 山椒の木 ブリキに タヌキに 洗濯機」 です。
それは、子供の時に見たTVの、タイムボカンシリーズの
「ヤットデタマン」でそういう台詞を言ってたので覚えています。
本当の由来かどうかはわかりませんが。

参考URL:http://www2.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~iizawa/bokan/y …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

主人にさっき言ったら、
「うん、知ってるよ。タイムボカンシリーズで昔やってた。」
・・・・・知ってたんだ・・・。

お礼日時:2003/10/31 23:33

こんばんは。



言い回しの由来はわからないのですが、この言葉は
о(オー)に重点を置いているのではなくさいごの「き」
に韻を踏む事によって驚いた様子を表しているのでは
ないでしょうか。

ちなみに地域によって違いなどあるかもしれませんが
うちの方では

「驚き 桃の木 山椒の木 ブリキに タヌキに 洗濯機」

と続きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・・・ブリキに タヌキに 洗濯機

の部分は初耳です。

これは全然知りませんでしたね。

「き」で合わせているのなら、いくらでもありそうですが、どうしてこんな言葉が生まれたのかな~?

回答ありがとうございました!

お礼日時:2003/10/31 22:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ