秋の訪れを感じ、『秋の七草』について調べていましたら、1935年に当時東京日日新聞が当時の著名人7人から一種類ずつ推薦させて「新・秋の七草」が作られたことを知りました。そこで、シュウカイドウが辻永氏と永井荷風氏のどちらかに選ばれたらしいのですが、どちらの方が選んだのかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

A 回答 (2件)

poroporonamida さん こんにちは。



結論から言いますと 両方!? のお名前があがります。

どちらかといえば 永井荷風氏 6:4 辻永氏 です。

お二人とも 日本の文壇にとって 大きな功績を残された方々です。

「新・秋の七草」 シュウカイドウは 永井荷風氏 と 辻永氏 と覚えられてはいかがでしょう ... 。


回答になってなくてすいません。

一か所 張っておきますね。    ↓
(一番下の方に出てきます。)
 
 
 
 
 
 
 

参考URL:http://park19.wakwak.com/~tomita/nanakusa.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子がおかしくお礼が遅れてすいませんです。とても参考になりました。参考URLもとても良かったです。ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/20 14:45

「菊池寛はコスモス、与謝野晶子はオシロイ、斎藤茂吉はヒガンバナ、辻永はシュウカイドウ、長谷川時雨はハゲイトウ、高浜虚子はアカノマンマ、牧野富太郎はキク」ということです。

この回答への補足

パソコンの調子がおかしくお礼が遅れてすいませんです。ありがとうございます。gugestyperさんはこのことをどのようなもの(本など)から知り得たのでしょうか?できれば、教えていただけませんでしょうか?

補足日時:2004/09/20 14:51
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ