色々な色の髪色がありますが、黄色は金髪と考えるとして、赤は赤毛が存在する(茶色っぽいのが正しいのでしょうが)。 オレンジも茶髪が光に照らされたと、無理に理解してみる・・・
 青は青でも藍色の様な、濃紺色ならば黒と見れなくも無いですが・・・
 しかし、どの色にしても現実だと目を疑いますが、アニメだとそれほど違和感を感じません。個人的に、ピンクなんか可愛いと思います。
 ふと、思ったのは、この様な奇抜な髪色のキャラクターって誰が最初でしょうか?
 思い出せる範囲では、「ミンキーモモのピンク」かな? 次に「Drスランプあられちゃんの紫」。
 最初にいつ頃のキャラクターが、ありえない髪色で登場したでしょうか?

A 回答 (4件)

個人的には、厳密には最初とは言えないですが


いろんな色の髪の人がいても違和感がなくなったのは
「うる星やつら」からですね。

ただ原体験として、宇宙戦艦ヤマトで
青い肌のガミラス星人を見てから
髪の毛くらいならいいじゃんと思えるように
なったのも事実ですが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~ そう言えば、「うる星やつら」は色々な色がありましたね。 思い出しました。
 青い肌のガミラス星人は、まあ宇宙人ですし(笑)。 地球人であの髪色は~・・・ですよ。アニメだからこそ、楽しめますけどね。(笑)

お礼日時:2005/03/30 19:58

私が記憶しているのは…



昭和42年放送、虫プロ作品『悟空の大冒険』に登場した、龍子(たっこ)かな。現代劇でも人間でもないけど(笑)

髪も服も靴も、全身ピンク(桜色)の女の子でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな昔からピンクの女の子が・・・ 私はまだ生まれていません。(^^;)

お礼日時:2005/03/30 19:55

私にとっては


手塚治虫「海のトリトン」の緑の髪の毛が原体験だったような
昭和47年だそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

緑髪はその頃ですか。

お礼日時:2005/03/30 19:53

はっきりとはいえませんが、最初から日本アニメの登場人物は髪の色がいわゆる「ありえなーい(笑)」してたと思われます。


これは外国の人が日本アニメを見ると、特にそう思うそうですが、日本製のアニメとわからないで見てると違和感がないようです。
つまりここがポイントです。

日本アニメは制作費を海外輸出で補うように、日本アニメの雄、手塚治虫氏がそうしたと言われてます。手塚氏の後を継ぐものたちが、その影響を受けたのは間違いないでしょう。

海外では反日感情が強い国や、宗教色で日本などの国からの文化侵略を警戒することがあります。
だから、日本製アニメは一瞬見ただけでは日本が舞台とは思えない作品が多いと思います。
そうすることで海外でも規制なしに放送しやすいようにしているわけです。髪の色はそのうちのひとつでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつ頃からどころか、初めからですか。(笑)

お礼日時:2005/03/30 19:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ