いつもお世話になっています。

突然ですが、林真理子さんの「不機嫌な果実」「花探し」を昔読みましたが、あまりはまれませんでした。
女の本音はけっこう的を得ていて面白かったですが、不倫とか愛人とかいう部分であまりに世界が違う感じがして・・・
でも最近「本を読む女」を読んで、それがけっこうよかったので、時代もの(といっても昭和とかですけど)の林さんはけっこう私に合うかも、という気持ちになっています。でもどれを読んだらいいかわからず、闇雲に買うのはあれなんでどれか1冊選びたいのですが、著作が多くて絞れません。

そこで、こんな私に合いそうな林真理子さんの作品をどなたか薦めていただけたらと思いまして。
時代に翻弄される女の半生、を描いたようなものができたらいいのですけど、別に他のでもいいです。簡単なストーリーも添えてお薦めいただけたらありがたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

こんにちは。


林さんは好きでよく読みます。
私も、現代ものより、時代ものが良いと思います。

すでに出ていますが
「白蓮れんれん」は、よかったです。
主人公は柳原白蓮、大正天皇(生母が柳原愛子)の従妹で伯爵令嬢であるが、母親は芸者で×1。兄の選挙資金のために売られるように九州の炭鉱王に嫁いていくところから物語が始まります。
白蓮は「真珠婦人」モデルとも言われています。

イチオシは「花」です。
知華子は、アメリカの大学を出た知的美人で、海外ブランドのプレスをしていて雑誌にも頻繁にでているキャリアウーマン。
そんな、そんな知華子の心の傷は、母親が芸者で私生児である事です。
同様に芸者であった祖母を恨んでいます。
祖母の葬儀であった老女に、祖母の人生を記した原稿を預かり読んでいくという物語です。
正直、泣けました。
誰しも、親を選ぶ事ができません。
主人公も母や祖母を恨んでいます。
知華子は、自分が馬鹿にしていた母、祖母が懸命に生きてきた事、知華子に軽蔑されて当然で、そんな純粋な心に知性と美しさを備えた知華子を誇っていることに気付き、長年の呪縛から開放されるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いずれも詳細な説明ありがとうございました。「花」の紹介を読んで、本も読んでみたくなりました。まだ文庫落ちしてないんですねー図書館で探してみようかな。文庫で、と思っていたので「白蓮れんれん」は購入候補に挙がってます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 13:52

白蓮れんれん はいかがでしょう? これも時代ものです。

 林さんは、エッセイも楽しいですよ。新しいのなら、夜ふけのなわとび。  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大正時代に実際にあった事件を基にしているようですね。姦通罪が適用される時代で駆け落ちした女性の話らしいですね。かなりそそられます。また探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 13:44

葡萄が目にしみる はあまりどろどろしてないのでいいと思いますよ~。


あとエッセイがいろんな世界を知ることができて?おすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

葡萄が目にしみる、青春小説のようで、すがすがしそうでいい感じですね。あとエッセイもおもしろそうだなあとは思ってました。興味ありそうなのを探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 13:36

#1の者です。



レビューを張り忘れておりました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/41011911
90/249-0888381-6203503

失礼しました。
     ・・・・・・きゃ~!恥ずかしい~。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101191 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

趣がありそうな短編集ですね。こういうのも書いてらっしゃるんですねえ。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/05 11:06

『本を読む女』はドラマ化もされた名作ですよね。


私もお気に入りです。


私は短編集をおすすめします。
    『着物をめぐる物語』  新潮社

参考URLのアマゾンのレビューをご覧下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ