こんばんはっ!私、昔の漫画を読むのが好きです。。。上原きみ子、いがらしゆみこ、萩尾望都、などがすきなんですけど・・・、
萩尾望都で、お勧めは無いですか?ちなみに、「トーマの心臓」「ポーの一族」「11人いる!」は読みました!すべてよかったです!こういう、漫画は深く考えられていいですよね★あと、「訪問者」読んだ方がいらっしゃったら、感想聞かせてください、買うか迷ってます★
また、他の少女漫画作家のいぃ漫画あったら、教えてください★今回は文庫漫画に限らせてください☆絵はかわいいほうがいぃです(笑)

A 回答 (13件中1~10件)

トーマの心臓はとても面白かったですねぇ。



私も読みました。

でもそれから自分もヒットした漫画というのが無くて。。。

で、全巻売っている所で色々みてみました。
なんでそういうサイトでレビューととかみて、買ってみるのもありだと思います。
http://auctioneer.main.jp/
    • good
    • 0

初めまして。

「トーマの心臓」をお好きなら、「訪問者」は必読です!期待を裏切りませんよ。
「11人いる」や、やや新しめで、「フラワーフェスティバル」「イグアナの娘」等も面白いです。

大島弓子さんも、絵の好きずきは分かれると思いますが、面白いです。「四月怪談」あたりからどうぞ。「いちご物語」「綿の国星」は、一応長編かな?おすすめします。

ただ、私としましては、マンガは文庫版はサイズがキツイ。少女マンガは、コマが細かいので、できれば単行本で。萩尾望都全集が、小学館から出ています。
    • good
    • 0

やはり一条ゆかり、槇村さとる!


このお二人の作品は全て読みました!!
絵もきれいだし(特に一条ゆかり)内容が
濃くて、展開が気になって気になってついつ
徹夜してしまいます。

どの作品を取って読んでもハズレはないと思いますよ。
    • good
    • 0

やはり一条ゆかり、槙村さとる!


このお二人の作品は全て読みました!!
絵もきれいだし(特に一条ゆかり)内容が
濃くて、展開が気になって気になってついつ
徹夜してしまいます。

どの作品を取って読んでもハズレはないと思いますよ。
    • good
    • 0

これはかなり好き嫌いがわかれるところなのですが・・・「パタリロ!」に一票。



私は新書版のコミックス派なのですが文庫本も出ているようです。

特に初期の頃の作品(「Fly me to the moon」「忠誠の木」など)は根強いファンも多く、アニメ化された時にやや流行った「誰が殺したクックロビン」という歌も萩尾望都の影響を強く受けていると思われます。
萩尾望都がお好きであれば、もしかすると「パタリロ!」もヒットするかもしれませんね。

「ポーの一族」の中でも「小鳥の巣」が一番近い空気を持っているでしょう。

ごく自然に少年愛が組み込まれていながら、よく練られたストーリーと的確なセリフ、ふいをつかれる笑い、そして恋愛・友情・魔界・政治・食・歴史・ミステリー・SF・情報部・科学など各話それぞれ幅広いジャンルをテーマにしています。それでいながら知ったかぶり感がなくオリジナル性に富んでいて、作者の探究心を感じさせます。

ただ冒頭にも書いたように、これは本当に好き嫌いがわかれます。どちらかというと入りづらい空気があるのも確かです。一度ツボにはまると逃げられなくなりますが、はまらないとまったくおもしろくないでしょう。

一度お試しください。
    • good
    • 0

大和和紀先生はどうですか?


代表作はいわずとしれた『はいからさんが通る』すっごいギャグ要素強くて笑える話ですが、基本はとても一途な純愛です(多分)
それから『一人ぼっちの流花』シオンくんはきっと気に入ると思います。
後は、日本初の長編小説「源氏物語」を漫画にした『あさきゆめみし』私が漫画で最も泣いた作品です。

「キャンディ・キャンデイ」を読んだのなら原ちえこ先生の『フォスティーヌ』もオススメです。絵がそっくりですから(笑)でも話はもうちょっとロマンティックな感じですね。恋愛メインなんで。

最後に一条ゆかり先生の『砂の城』私は結末がどうしても納得できない!いつかあれが受け入れられる大人になれるのかな~と思ってます。

ぜひ読んでみて下さい☆
    • good
    • 0

『イティハーサ』とってもお薦めです。

カワイイというより綺麗な感じの絵ですが。内容がとっても深く、読みやすいです。
『夢の果て』も名作です。絵もメルヘンチックな雰囲気でかわいらしいです。
『マルチェロ物語』や『パッションパレード』等、樹なつみサンの作品もどれもおもしろいです。
上記全て文庫で出てるのでぜひぜひ読んでみて下さい☆
    • good
    • 0

川原泉さんの、


「笑う大天使」(わらうミカエル)
は面白いですよ。
この作品は、今年映画化されるそうです。

ちなみに萩尾作品けっこう読んだんですが、ごめんなさい「訪問者」覚えていません(>_<)
【「ポーの一族」は、何度も読み返したのですが。】

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=19807 …
    • good
    • 0

「訪問者」読みました。


ぜひ読んでください。
「トーマの心臓」でわりと大人びた印象が強かったオスカーですが、「訪問者」のおかげでそうならざるを得なかったオスカーを見ることができます。

萩尾 望都がお好きでしたら「スター・レッド」「A-A´」「メッシュ」「危ない丘の家」も面白いですよ。
少し異色ですが「百億の昼と千億の夜」も内容が濃いです。
    • good
    • 0

萩尾望都さんなら「アメリカン・パイ」がおきにいりなんですが。


これにでてくるうたはいい詩だなあといつも思っています。
知り合いが曲つけたんで、ときどき歌ってたりします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ