外国のお菓子って色とりどりで可愛いですが、日本人としてはちょっと・・・というものが多くありますよね。それって、アニメに関しても同じだと思いませんか?

私が思うだけ日本アニメと外国アニメの違いを列挙させて頂くと、(以下『アニメ』略)
・日本は絵が丁寧 外国はデフォルメっぽい
日本だと、髪の束や目の瞳、服の皺まできちんと描き込まれていて、いわゆる『萌え』系でなくてもかわいい。
外国は髪にハイライトが無かったり、目や服も輪郭だけが描き込まれて着色、といった感じで、クールな印象。

・日本は色が柔らか、外国は極彩色
日本は服の影からハイライトまでしっかり描き込まれているものが多いので(そもそもアニメ作品そのものの数が多いので一括りにはできませんが)、使っている色が必然的に多い。目に痛い色はあまり使われていない印象。
外国はパーツごとに単色で着色されており、それぞれの色が濃い印象。

・日本は手描きが多い、外国CGが多い
日本は背景や小物まで細部もしっかりと描かれている。
外国は壁のような簡単な背景もCGが使われている。全てCGの作品も多い。

・日本は台詞は言葉、外国は歌
日本では歌に台詞を乗せるようなことはあまりしない。(この間観たアニメにはあったのですが、何のアニメだったか・・・;)
外国は歌に台詞を乗せることが多くある。

アニメの違いから文化の違いを感じられることって沢山あると思うんです。上記のような違いはなぜ起こったのでしょうか?前置きが長くなりましたが、皆様のアニメから見る文化の違い、是非教えて下さい。

内容を盛り込みすぎて文章が分かりにくくなってしまったかもしれないので、その場合は言って頂けると幸いです。また、全ての外国アニメを観たわけではないので、偏見を多く含むかと思います。不快に思われたら申し訳ありません。

A 回答 (8件)

アニメと言ってもいろいろなので総括的に比べるのは難しいのですが、個人的な意見として一番の違いはストーリーではないでしょうか。



日本のアニメは、ストーリーに独特の世界観があってかなり複雑。アメリカのアニメは、基本的に勧善懲悪・またはコメディとある意味単純で、その分キャラで勝負!!なのでは?

外国は歌というよりも、擬音または効果音として音楽を使うのがうまいと思います。日本のアニメでは音楽はあくまでも音楽ですね。

皆さんもおっしゃってますが、やはり外国ではアニメは子供のものという扱いだったせいでしょうか。ジャパニーズ・アニメの進出でその認識は変りつつありますが、まだ自分達で作るところまでは。。。
    • good
    • 0

アメリカのアニメーションはCGとか関係なくミュージカル調にすればヒットしやすいという意見があるらしいですよ。

日本でアメリカのアニメーションがヒットするかどうかはマスコミが盛り上げたかどうかが大きく影響してるかなと感じますね。
日本のアニメはとにかくジャンルが多いですよね。単純ないわゆる「萌え」要素を含んだものから、綿密にストーリーが描かれたものまで、他の国ではありえないジャンルもたくさんあります。日本は創作活動などに対して大きな規制がかからず自由です。外国は何かと宗教や国策に縛られて、アメリカですら日本に比べるとその自由度が少ないとか(暗黙の了解の部分も含めて)。
    • good
    • 0

>外国のお菓子って色とりどりで可愛いですが、日本人としてはちょっと・・・というものが多くありますよね。

それって、アニメに関しても同じだと思いませんか?

そんなことはないです。

アニメーションって、コマ撮りで作品を制作する手法全部だから、そもそも何でもアリだし、安易に外国と日本と分けられない気もする。
何でもアリだからこそ、面白いわけで。
そこをセルアニメだけ取り出して比較しても面白くないと思います。
日本で「アニメ」というとセルアニメになるのは確かですけど。

セルアニメ以外にもイギリスのアードマンのクレイアニメーションは有名なところだし、ラルフ・バクシのような作家さんもいるし、チェコのシュワンク・マイエルの人間までコマ撮りするアニメーションもありますし。
切絵アニメーションのようなものも多々あるし。

日本でも川本喜八郎さんや、久里洋二さんのような方もいてバリエーション豊富だと思う。

例に挙げられている外国のアニメって、どう見てもディズニーかハリウッドの作品だけような気がします、最近の。

>日本は絵が丁寧 外国はデフォルメっぽい
別にディフォルメが丁寧ではないということは思いますが、動いて映えるデザインにするために、ディフォルメをされているということだと思いますが。
描き込みをする方向性の違いというべきでしょう。
アニメーションは「動かないものが動く」というのが本来持っている魅力なのですから。

>日本は台詞は言葉、外国は歌
恐らくミュージカルを指していますが、これは日本語がミュージカルには向いていないことと関係していると思います。
歌でも、そうですが、一つの音符に載せられるのが日本語では常に一音になりますが、英語なんかではモノにもよりますが1単語が載ります。
こうなると歌で使えるメッセージの数が日本語では桁違いに少なくなりますから。
無理やりメッセージを増やそうとすれば、井上陽水の「最後のニュース」みたいに早口でまくし立てることになります。
    • good
    • 0

アメリカ版のDVDを集めていますので、アメリカと日本の違いは、ある程度分かります。



(1)アメリカではアクションのある作品が好まれるようです。日本では知る人の少ない「綾音ちゃんハイキック」を看板作品にしていた会社もありました。逆に最近日本で多く見られる「ゲーム原作で、多くの女の子の日常生活を描いた深夜アニメ(萌えアニメ)」は、あまり売られていません。あの「To Heart」でさえ、アメリカでは引き取り手がなくてDVD化されていません。
(2)よく「アメリカではアニメは子供の観るものと決まっている」という意見がありますが、「子供の観る作品と大人の観る作品が明確に区別されている」といった方が当たっていると思います。DVDのパッケージには年齢制限やその理由(「キャラクターの裸があるので16歳以上推奨」とか)が明確に書かれています。DVDプレーヤーやTVにも、年齢制限の機能(ペアレンタルコントロール)がかかっています。
    • good
    • 0

・日本は絵が丁寧 外国はデフォルメっぽい


 ディズニー系アニメは、日本で言う所の「劇画」タッチです。
日本の絵が丁寧に見えるのはリミテッドアニメ故に余計な線を極力省いた結果であり、また日本人の趣向に好まれる絵柄を追求していった進化の元にあります。

・日本は色が柔らか、外国は極彩色
子供向けアニメはビビッド系の明るい色が使われる傾向が高く。
視聴者の年齢層が高くなるにつれファッション性が高くなる傾向があります。
欧米のアニメは特に子供向けなので、その傾向が高いのでしょう。

・日本は手描きが多い、外国CGが多い
近年の日本アニメはデジタルです。
セルは使われておりません。
よって手書きの背景とおっしゃっているアニメは、少なくとも2000年より前のアニメになります。
どんな些細なアニメでも小道具まで細かな設定をするのは日本のお家芸です。
といっても、80年代辺りからのアニメ世代のアニメクリエーターがやってきた影響が強い。
辿ってきたアニメ文化が違うので日本と他国が違うのは当たり前の事です。

・日本は台詞は言葉、外国は歌
ディズニーアニメの事を言っているのでしょうか?
ディズニーはどちらかというとミュージカルをベースに作られています。
日本のアニメは、古くは紙芝居・漫画・舞台・ドラマ・映画など多種多様なメディアから演出が取り入れられています。
それらは、演出家が色んな事を試してきた結果でもあり、独自のメディアとして日本のアニメが諸外国と違った発展をした事をも示します。

諸外国より日本のアニメが優れているとか言う事ではなく、日本のアニメは固定観念に縛られ何十年も続いていた訳ではなく、商業アニメの枠がありながらも実写に負けたくないというアニメ職人たちの歴史でもあります。
    • good
    • 0

外国アニメとくくらないで下さい。


ちょっと悲しいです。それは偏見以外の何者でもないです。
フランスアニメは知っていますか?
色調は穏やかでストーリーもアメコミのようなものとは全然違います。

ようはお国柄がでているだけだと思いますし、派手な色調も良いと思います。アメリカではあまり大人が見るものではないという風潮が有るだけですし、作品自体のレベルは比べるものではないのです。

あと日本は手書きが多いとなってますが、今は殆どデジタルです。逆にディズニーは全て手書きにこだわっていたのは有名な話です。今ではディズニーもデジタルですが。

台詞についても同様です。あちらではミュージカルをアニメで表現する事が多いだけでしょう。日本ではミュージカルという文化はあまり根付いてないようですし。

日本人が作ったGOLDEN EGGSというCGアニメと、フランス人が作ったベルヴィル・ランデブーというアニメ映画を実際に観てからご返答頂けると幸いです。
    • good
    • 0

絵柄はその国々に特徴があると思います。


その国の人に受ける絵柄があります。
アメリカの場合は、アメコミの影響も強いのではないでしょうか?

アメリカなどでは、3DCGが強いです。
3Dでないと売れないなんて言われたりもしてます。
向こうの人は、3DCGに対して違和感もなく捉えているようなので積極的に取り入れているようです。
国内でも十分な予算が取れれば3DCGを積極的に取り入れているのではないでしょうか?TVアニメでも、よく見れば3Dでないと表現しづらいことをやっていたりします。背景屋さんが書いた背景の絵を、3Dにマッピングして使用していることもあるので、知らぬ間に3DCGを見ていたりすることがあります。
また、3DCGをセル画調に調整して出力している事もあるので、使用できる範囲は結構広いです。

歌を入れるのは、子供向けのアニメに多いような気がします。ディズニーの作品には多いですね。理由まではわかりませんが、子供が長時間見るのに飽きさせないようにするためでは?
    • good
    • 0

外国は完全に幼児が見るもの


日本は大人も見る むしろ大人向け? 数万のDVDBOXとか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ