最近のテレビ番組で、競馬で一家5人(4人だった?)が生活しているというのがありました。ホントビックリで、世の中にはほんとうにいろんな方がいるものだ・・と感心しました(ヤラセではありませんよね、あれ)。
だって一戸建てのローンまで払ってるんです。すごいです。
私の人生でベスト3に入る驚きです。そこでお聞きしたいのは、競馬で生活なんてできるのでしょうか?というかいわゆる素人でもデータ云々で勝てるものですか?
できたらわたしも競馬で生活しようとは思いませんがパチンコなど興味ないのですが馬は好きですし月に10万くらい
設けてみたいと思いました。
競馬ベテランの方、どう思います。ご意見ください。

また、サラリーマンやめて予想屋になった人も出ていましたが、予想屋の予想ってどうなんでしょうか?
欲張りですが、素人は何から学べばいいでしょうか?
(ちなみにわたしは競馬新聞の見方も知らない、安月給の
サラリーマンです)

どうか宜しくお願いします!

A 回答 (6件)

こんにちは。

競馬歴10年のサラリーマンです。去年競馬で稼いだお金は、
1250万です。ここ5年だいたい1千万近い儲けです。私が長年競馬をしてきて感じたことは馬券で生活することはほぼ不可能。しかし、競馬で儲けることは確実に可能。私は月に3万円競馬に使います。年間通して負ければ36万です。私は馬単の万馬券に3万円1点をかけます。去年1年で的中したのは2本だけです。それで1250万です。毎月競馬で勝つのはかなりの労力でしょうね。
    • good
    • 0

馬券で月10万円儲けるには、当たれば10万円になる馬券を一点買いで外れるまで買い続けることが一番確実です。

外れた時点でやめる事さえ守れば最も優れた買い方であることは統計学上明らかです。
馬券で儲けることは困難ではありません。ただし、儲け続けることははっきりいって無理でしょう。
谷岡一郎さんの「ツキの法則」(PHP新書)を一読なされば、また目からうろこですよ。きっと。
    • good
    • 0

 こんにちは。

私もその番組を見ました。
 本の印税や予想家などで生計を立てているのではないでしょうか。放映されたシーンも勝った時だけで、負けた時は放映されなかったのもしれません。また、1、2ヶ月なら普通の人でも勝ち越すことは出来ます。
 否定的な意見ですが、この番組を見て馬券で生活できると安易に考えないことです。ですが、ちょっとだけ夢を・・・・
 競馬はともかくパチンコ必勝法はすでに確立されています。
    • good
    • 0

元競馬関係者から一言。


競馬で生活をしようと思うのでしたら、
競馬関係者になる以外ではまず食べていく事は出来ません。
当然、関係者である以上馬券は買えません。
競馬を運営する仕事で食べていくという事です。

一昨年に亡くなった、競馬の神様と言われた予想家の大川慶二郎先生も、
一生の間に馬券で少なくとも数億円は損を出していると言っておられました。
先生は馬券で稼いでいたのではなく、
競馬に関する仕事で生活をしていたわけで、
競馬新聞上の予想やテレビでの解説、様々な著書の印税等で
生活をしていたのです。
この例でもわかるように、競馬は関係者以外は生活できないという事です。

他の方も答えていたように、日本中を探せば何人かはギャンブルで
生計を立てている人もいるでしょう。
でもそういう人は極々少数だという事を忘れてはいけないと思います。
私も数年ですが、競馬に関わって生活をしていましたが、
いまだに競馬はわかりません。
それだけ奥が深いのです。

あとは、競馬をギャンブルと見るか、数ある娯楽の一つと見るか、
それだけだと思います。
    • good
    • 0

かなり前に「確率」に関する本を読んだことがありますが、その中で元金が返ってくれば50%という基準で考えると、うろ覚えで申し訳ありませんが、競馬は本命・対抗という買い方をしていた場合の勝率が確か35%前後。

パチンコは45%くらい。つまりそれ以下だと「出ない店」として客が来ないし、それ以上だと利益が出なくて店がやっていけない、そういう勝率のギャンブルだとありました。もちろん、攻略法やデータなんてのはここには直接反映されてはいませんが。

そう考えると、競馬というのはかなり勝率の低いギャンブルです。勝敗を決するためのファクターが多すぎて、逆にそこが機械相手(ときには店も相手にしないといけませんが)のパチンコと違う、独特の「面白さ」なんだと思います。

何にせよあまりのめり込むのはお勧めしませんが、ほどほどに。NATCHIさんも書かれていますが、様々な競馬新聞を読むのも、そこにあるデータがまちまちなので、余計なファクターを増やすだけです。当面は1つか2つに絞って、参考にした方が無難です。
    • good
    • 0

(1)


競馬暦15年の私の周りには、私を含め競馬が主たる収入源として生活をしている人間はいません。
ただ、元いいとも青年隊の久保田さん(別名マンション久保田:パチンコでマンションを買った男)みたいな人もいるし、そもそも1億人も人間がいれば、1人くらいは競馬等のギャンブルで生きてる人っているんじゃないですか・・・

(2)
はっきり言ってデータで勝てるなら今ごろJRAは無くなっている!というのが私の理論。
データをまるっきり無視するわけにはいかないですが、調教が悪くても勝ったリ、絶好調でレース中に骨折したり、と読めない要素がいくつもありますよね。
ベタな意見ですが、それがギャンブル!
枠連と馬連、塗り間違って当たってもそれは当たり!
生活しようとか思わないで楽しみましょうよ。。。
競馬はお金が戻ってくるのも嬉しいけど、それより自分が馬を眺め、新聞を眺め、死ぬような思いで推察した結果、自分の理論は合ってたんだ!っていう自己陶酔にハマるのがいいんですよ、きっと。
人にその自分の考察過程を話すのがまた楽しいんです。
・・・ただそれを職業にすると予想屋となってしまう・・・

(3)
中央競馬は認められてないからいないですが、川崎や大井(共に関東公営)では予想屋のおじさんはいっぱいいます。
でも見てると的中率の高さだけでなく、自分の予想を楽しそうに話すおじさんの周りに人だかりが出来てます。
やはり競馬は楽しむものなんです(私の意見!)。

いっぱい書いてすみません。

最後に、競馬新聞は馬柱(馬名の下に載っている過去の成績)が、各社さまざまなので、最初のウチは特定の新聞にした方がいいかも知れませんね。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ