「一字違いで大違い」の変形バージョンです。何時もお世話になります。両方とも辞書に載っている英単語でミスタイプ(?)(WORDのスペルチェックを見事にすり抜ける)して、或る特定の場面で間違うとエライこと(顰蹙を買ったり)(立ち直れない程落ち込んだり)になる英単語を教えて下さい。私の知っている有名なところ(??)では

pubic - public です。


解禁以前は「pubic hair」は「"公開"したら"世間"的にはまずい毛」ですから「public hairが正しいスペル」だと勝手に思い込んでいた時期があります(泣)。昔、「public view」を「pubic view」と書いたことあります。

A 回答 (3件)

 ついに4ですね。



lunch-lunchy-raunchy 昼食-脳たりん-好色な

raunchyと恋人に呼ばれる事を誇りとしている人がいました。(本当)

daemon-demon 守護神-悪魔

mailer daemon メールアドレスのタイプミスでこれが来た時には驚いた!

ギリシア神話と、新聞の社会欄で憶えました。

layers-slayer 層-殺害者

slaughter-laughter     笑い-大虐殺


英文字というか、スペースと’ですが、
(one) man's laughter-manslaughter  人間の笑い-殺人

one man's laughter is another man's misfortune ハハハ
one manslaughter is another man's misfortune   ゾク

 
ところで、オカルトはカルトを丁寧にする為に「お」をつけたのでは無いと信じています。(2英文字ですが)
occult-cult  超自然的な力、オカルト現象-カルト、狂信的教団、宗派


 ところで、人間とは、自分と違った存在に惹かれると言いますが、

insoluble-soluble 不溶性-溶性(ようせい)

きっと、質問者様の奥様は妖精のような方なんでしょうね。

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成る丸師匠、何時も有り難うございます。

1/ lunch-lunchy-raunchy この関係初耳です。
2/ daemon-demon ほんまに紛らわしいなー
3/ layers-slayer これこそ「一字違い」で
4/ slaughter-laughter これは「有ると無い」とで   
5/ occult-cult これは親戚同士じゃロウな

中でも 2/ が大好きですし、ミスタイプしがちです。(何時そんな悪魔やら守護神が出てくる文章を書くの?)という師匠のご指摘を受けそうですが。

insoluble は「不溶性」でも「腐妖精」でもなく、「解決出来ない」トンチ(=とんちき)問題を探し求める人なのです。

お礼日時:2007/05/29 09:12

「L」の発音の出来ない日本の政治家がアメリカで、election (選挙)のことを erection (勃起)と言って、大ひんしゅくを買ったと聞いたことがあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当は「e'l'ection」が「勃起」なのです。有り難うございます。

お礼日時:2007/05/29 09:14

有名なところでは sit と s の次に h が入ったものでしょう。



Please sit on the chair. を言い間違えたら…

single と shingle「石ころ」

He is a shingle.(?)

sing と singe

Let's singe!「焦がしましょう」

shop と sop

ticket と thicket「やぶ」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ