質問

こんばんは。
表題の通り、石油以外のエネルギーの価格決定が
どこで行われているのかを知りたく投稿しました。

例えば原油に関して言えば、
・世界の数箇所に市場がありNYMEXのWTIが指標価格となっている。
・日本の原油輸入は市場を介さない、産油国との直接取引である。
・その際の価格は、NYMEXやその他市場の価格を考慮して決められる。
と私は認識しています。(間違ってたらスイマセン)

ということは天然ガスや石炭もNYMEXのような市場で先物取引されているのでしょうか?
その場合、石油で言うWTIのようなマーカーガス?が存在するのでしょうか?
それとも日本の天然ガスや石炭も、石油と同じようにガス田会社との直接取引きなのでしょうか?
その場合の価格の指標となるものは・・?

ご存知の方、お暇な時にでも教えて頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

通報する

回答 (1件)

天然ガスも石炭も、その価格は買い手と売り手の間の交渉によってきまります。その交渉自体は原油価格の動向を参考にしますが、対象地域が限定される事や契約期間に長短があるため、原油価格ほど流動的ではありません。
特に天然ガスについては、日本市場には例外的にLNGとして液化状態で搬入されますが、その他の国の殆どの大量物流はパイプラインで行われており、売り買い双方共お互いに変更を簡単にできない実情があります。従って現在基準価格といえるものは、日本・米国・欧州での3種類があり、過去においては日本の天然ガス購入価格のみが原油に連動し、米国・欧州の価格よりかなり割高となっていましたが、最近ではLNG購入が増えてきた事や、米国でのエネルギー不足の影響で逆転現象も起きています。
石炭はその使用が工場に偏在している為、価格流動性が低く、日本の購入価格と豪州の販売価格がかろうじて基準(ベンチマーク価格)となっている状態です。

この回答へのお礼

石油以外のエネルギー資源も石油価格に連動しているのですね。

石炭は確かに石油や天然ガスに比べると汎用性が劣りますし
そういったことまで考慮に入っているとは思いもしませんでした。
大いに参考になりました、ありがとうございます。

このQ&Aは役に立ちましたか?0 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集