先日居酒屋で見たのですが、鷹のつめ(輪切り唐辛子)で六文銭も様な模様を作っている方がいました。それってどんな意味があるのでしょうか?

A 回答 (1件)

六文銭は、人が死んだ時に三途の川の渡し銭として銅貨六枚を棺桶に入れたことに由来する死の象徴です。


戦国時代には、武士たるものいつ討ち死にしても悔いは無い、という意味で家紋に使う人もいました。
本人に聞かないと真意はわかりませんが、いつでも死ぬ覚悟があるぞ!という意味なのでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2008/05/01 03:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ