はじめまして。最近、活字離れしているので何か読もうと思っています。何か、お勧めがありましたら教えてください。

今まで、読んでいて特に面白かった本です↓
 人間失格 (集英社文庫) 太宰 治
 華岡青洲の妻 (新潮文庫) 有吉 佐和子
火宅の女―春日局 (角川文庫) 平岩 弓枝
 シーラという子―虐待されたある少女の物語 トリイ・L. ヘイデン
 こころ (新潮文庫) 夏目 漱石

バカなので、難しすぎる本は挫折してしまいます・・
 「沈黙の春」や言葉使いの難しい「雁」は面白くなるまえに難しくて途中で読まなくなってしまいました。

A 回答 (2件)

「華岡青洲の妻」や「火宅の女」が面白いと思われたなら


・新田次郎 芙蓉の人 文春文庫
 富士山頂に気象観測所を創設した野中到と千代子夫人の富士山での観測所開設までの行動と心情を感動的に描いた作品
「シーラという子」に通じる作品で
・米原万里 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 角川文庫
 1960年プラハのソビエト学校で個性的な友達や先生と刺激的な毎日を過ごしていた著者が30年後、東欧の激動で音信の途絶えた3人の親友を捜し当てる過程で知った共産主義の悲劇を描いた本
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございます!!
本当に、文庫のことは分からないので助かります。
早速、図書館で探してみます☆

お礼日時:2008/11/17 19:38

それらの作品が好きなら以下の物はいかがでしょうか??



山崎豊子・・・「白い巨塔」「女系家族」「華麗なる一族」
ダニエル・キイス・・・「24人のビリーミリガン」「アルジャーノンに花束を」
デイヴ・ペルザー・・・「Itと呼ばれた子」
ディーン・クーンツ・・・「汚辱のゲーム」


山崎豊子さんの作品は既にドラマ化されたものが多いですが、
時代設定が違ったりするので原作ならではのよさがあります。

あと他には、大人向きの童話(絵本)になってしまいますが、
エドワード・ゴーリー・・・「うろんな客」「不幸な子供」「敬虔なる幼子」
小川未明・・・「赤い蝋燭と人魚」(←酒井駒子さんの画の物が綺麗です)
なども、短い文章で奥が深いです。
ゴーリーも小川未明もちょいコワです。

最近流行(?)のドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」もなかなかですが、私的にはロシア人の名前が覚えづらくてなかなか先に進めませんでした(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございます!!
読んだことがないものばかりで、助かります^^
ドエトフスキーの「罪と罰」はまえに、ちらっとよみました。

お礼日時:2008/11/17 19:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ