戦場のピアニストの原作を読んでいてわいてきた疑問です。
同書ではユダヤ人と対比して(?)、ポーランド人の
ことをアーリア人といっているように思えるのですが、
私はアーリア人とはドイツ人のことで、ポーランド人は
スラブ人と思ってました。この理解は正しいですか?

A 回答 (5件)

日本人でも誤った考え方が浸透しているので困りますが


歴史学的アーリア人は二系統しかありません
一つはインド系アーリア人でもう一つはイラン系アーリア人です
BC3000年頃中央アジアに居住していた印欧語族の共通祖先から分化した後の欧州人はアーリア人ではありません
従って実は歴史学的にはドイツ人もスラブ人もアーリア人ではないのです
18世紀の言語学者ジョーンズがインド・イランの言語と欧州人の言語の共通性を発見し
サンスクリット語が印欧語族の母語であり
サンスクリット語のインド系アーリア人の自称のアーリア人を印欧語族全体の自称と曲解したのがきっかけで
欧州人もアーリア人であると誤った考えが広まりました
やがて19世紀のドイツの言語学者シュライヒャーがその誤りに気づき
サンスクリット語は印欧語族の母語でなく、欧州人はアーリア人でないと言語学的には決着を見たのですが
帝国主義時代に入りインドは植民地化されイランも凋落すると欧州人のみがアーリア人という政治的考えが暴走し
それがさらに偏狭に特化したのがナチスのアーリア人思想です
ナチスの鉤十字は本来インド系アーリア人のシンボルとして神聖なものであったのは皮肉なことです
今ではドイツでは鉤十字を書いただけで逮捕拘束対象になりますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確にはそういうことなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/13 17:46

アーリア人という概念は第二次大戦あたりににドイツを中心として喧伝された白人優越主義から生まれたもので、現在では実体の無いものとされています。

インド人と欧州の人間との近似性は否定されています。アーリアン文化というものがアフガニスタンあたりを中心にあったことは事実です。

>私はアーリア人とはドイツ人のことで、ポーランド人は
スラブ人と思ってました。この理解は正しいですか?
第2次大戦ころのドイツ人の歴史認識を理解するのにそのイメージは有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アーリアン文化と第二次大戦あたりに喧伝されていた
アーリア人とは別なんですね。

お礼日時:2009/05/31 07:49

ドイツ人はアーリア人でありがますがその中でももっと細かいカテゴライズのゲルマン人に所属しています。


だからアーリア人といったら色々な国が属しています。

第2次世界大戦中にフランス人のゴビノーが人種不平等論でアーリア人種、特にゲルマン人種の優越を説きましたがそれを考えると分かりやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アーリア人といってもゲルマン人だけでなく、
スラブ人も含まれる、だからポーランド人も
ということですね。それであの記述となった
のですね、理解しました。

お礼日時:2009/05/31 07:47

ヒトラーの主観では、ユダヤの血に汚染されていない北欧の人が純粋に近いアーリア人で、インド人や日本人は劣等人種だったようです。


もちろん根拠のない思い込みですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに日本で出版された日本語版「わが闘争」には日本人が
劣等人種と書いてなかったが、米内光政だか井上茂美は原書
で読んでいたので、それらが書いてあることを知っていたた
めヒトラーのことを快く思っていなかったと何かで読んだこ
とがあります。

お礼日時:2009/05/31 07:45

スラブ人はアーリアン系です。

ユダヤ人はセム系です。アーリア人は印欧系と日本語では呼んでおり、ヨーロッパ人の殆どとインドのカースト上位の人達を指します。ヨーロッパの中ではフィンランドとハンガリーがモンゴル系です。下記はウィキペディアの記述です。


参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/アーリア人
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。スラブ人はアーリア系なんですね。
知りませんでした。ポーランド人はスラブ人で、
だからアーリア系。それであのような記述だったんですね。
理解できました。

お礼日時:2009/05/31 07:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ