オススメの小説を教えて下さい
いくつかあります。


▼死の事などについて書かれている小説でオススメはありますか?
真剣に書いてある本のみで。自殺なども含まれます。哲学書的な?


▼妖怪系、妖精系、神系、悪魔系、闇市系の小説、図鑑的なとかでオススメの奴はありますか?

▼今市子の百鬼夜行、京極夏彦の京極堂シリーズ、漆原友紀の蟲師、緑川ゆきの夏目友人帳、 蜷川ヤエコの妖奇士、モノノ怪、CLAMPのホリック、小野不由美の屍鬼、九条キヨのトリニティブラッド、桂明日香のBLOOD+、なるしまゆりの少年怪奇シリィズ、乙一(白黒両方)の奴、由貴香織里の妖精標本、峰倉かずやのワイルドアダブター、桑原水菜のイルゲネス、高橋しんの花と奥たん、オノ・ナツメのさらい屋、などこんな感じの小説やマンガで何かありますか??



同じ作者のは不、
出来るだけ多く、真面目に、
手軽に購入出来るもののみ、
ホムペとか貼ってくれると嬉しいです、
それと自分の感想を詳しく、
↑は書いても書かなくてもどっちでもいいです、
作品名、作者は絶対書いてください、
宜しくお願いします、

A 回答 (10件)

百鬼夜行抄、京極堂、夏目、ホリック、屍鬼、乙一私も好きです~



「夢幻紳士シリーズ」はいかがでしょうか
特に「夢幻紳士 怪奇篇」「夢幻外伝I・II」「夢幻紳士 幻想篇・逢魔篇・迷宮篇」をオススメしたいです

各篇ごとにテイストが違っていたり、出版形態がさまざまだったりと
どれから読めばいいのか分かりにくい作品ですが
詳しくはヤフー知恵袋などでお調べください
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
(上記の作品名は「青年探偵版」を出版順に並べたもの)
    • good
    • 0

最近のアニメや漫画はかなり勉強して書いてたりしますね。

でも、思想にはどれが正しいとか間違っているなんてないんです。自分がこれだと思うのが第一で、それを見つける為にとりあえず沢山を読むのですから。

私の信条に大きな影響を与えたのは
「天の稚日子」(逆神たちの野望) 藤川桂介著 角川文庫
です。

京極堂も好きです。妖奇士やホリックも色々参考になるところがありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ははw  いえ、これは馬路で僕の趣味なんですw
勉強している訳ではなく、普通に立ち読みしてそのまま購入したんですw

回答ありがとうございます^^

ホリックは父がヤングマガジン(?)を買っていたので、小3の時ぐらいから知ってるのでw

お礼日時:2010/05/29 22:23

もしかしたら趣旨とちょっと違うかもしれませんが・・・



◆篠田真由美さん/『龍の黙示録』シリーズ
http://www.amazon.co.jp/dp/4396331797
篠田さんはいろんなジャンルの本を書いていらっしゃるのですが、
こちらは伝奇小説です。
私は好きですけど、レビューでは賛否両論のようですね。

◆竹河聖さん/『ステュクスの一族』シリーズ
http://www.amazon.co.jp/dp/4651421016
ファンタジー要素の強い吸血鬼ものです。
他にも妖聖記シリーズ、妖美伝シリーズ、妖霊シリーズ、霊能者陶子シリーズなどなど
いろいろ書いていらっしゃいます。
ホラーが苦手でなければいかがでしょうか。

今思いつくのはこれくらいでした。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

篠田真由美の他の作品の解説が笠井潔ですね^^
二つとも面白そうです、今度購入してみますねv
ホラーは大好きですっ

回答有難うございました^^

お礼日時:2010/05/25 18:08

「空の境界」著者:奈須きのこ



好きな人は熱狂的に好きになりますが、大変癖があり、賛否両論が生まれやすい作品です。
主に、殺人などについて、この物語の世界観の下の思想が語られるシーンが多いです。
この思想が、なんとも小難しく、私も初めて読んだ時にはチンプンカンプンでした。
また第一章は、わざとですが、時間軸をバラつかせており、それがまた訳がわからなくなる要因の一つでして……。
ただ、読み続けていくうちに世界観やキャラクター、そして物語に引き込まれて行きました。

参考URLは、劇場アニメ化された際の公式ホームページです。

また、以下のURLを参考に書いておきます。
http://www.raitonoveru.jp/rano/genn/karano.html#03
こちらは、作家を目指す人のためのサイトにある、レビューのコーナーにおける、「空の境界」のレビューです。
このレビューを見れば、熱狂的なファンの感想は既に書いてあるので、私の熱狂的な感想は省きます。

ストーリーなどは、参考URLに載せた、公式ホームページをご覧になっていただければ、分かると思います。

参考URL:http://www.karanokyoukai.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません;;
空の境界は持ってます;
奈須きのこだけじゃなく、TYPE-MOONの奴は殆ど好きです♪
回答くれたのにスイマセン・・・
僕が説明不足でしたorz;

でも回答ありがとうございますね^^

お礼日時:2010/05/24 20:55

再度失礼します。


香月さんはBLは書いてないです。児童書(YA含む)のみですが・・・。

書いたついでに、
恒川光太郎さんの『夜市』も面白いです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043892012.h …

あと、夢枕獏さんの『陰陽師』も。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167528010.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっスンマソ;;
勘違いでした;;
日輪早夜と間違えました;
スンマソなのです;

あ、夢枕獏は知ってますねw
2度目の回答ありがとうございます^^
それとスンマソ、、、

お礼日時:2010/05/25 18:03

瀬川貴次「暗夜鬼譚(あんやきたん)」シリーズ


→舞台は平安時代、菅原道真の曾孫の貴族の少年と陰陽師見習いの少年の二人が妖怪や怨霊が起こす奇怪な事件を解決していく物語です。ライトノベルなので京極夏彦さんや夢枕獏さん程おどろおどろしくないですが、話自体はしっかりしているのでお勧めです。

高野和明「幽霊人命救助隊」
→さまざまな理由で自殺をし世を去った4人が主人公。神様から命を粗末に扱った罰として現世で自殺をしそうな人を期限までに決められた人数を救え、出来なければ成仏させないという課題を与えられます。
救う方法は「説得」のみ、対象者の心に語りかけて自殺を思い留まらせていきます。その中で、自分が粗末にした自分の命の重みを知っていくというお話です。
同じ作者で「13階段」もお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

陰陽師系とは大好きです♪
暗夜鬼譚を絶対購入してみますねっ


幽霊人命救助隊と同じ様な話は見た事があります、三原ミツカズの奴で、
面白そうなので読んでみますv
回答ありがとうございます^^

お礼日時:2010/05/24 17:48

No.2です。


ご参考までに・・・・

>ノルウェイの森とダンス・ダンス・ダンス

「ダンス・ダンス・ダンス」は、それだけ読んでも話が成立しますが、「羊をめぐる冒険」から読むとさらに分かりやすいです。バラバラに単発で読んでも大丈夫ですが、一応、

1.『風の歌を聴け』(デビュー作)
2.『1973年のピンボール』
3.『羊をめぐる冒険』
4.『ダンス・ダンス・ダンス』

とつながっています。
私は2を読んで1を読み、3、4と読みました。別に問題はなかったです。3,4は順番どおりに読むほうが理解しやすいです。登場人物がつながっているので。

※個人的には『ノルウェイの森』よりこっちの「僕・鼠」路線のほうが好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

態々ありがとうございますっっ
ではその順番に読んでみますっ、
回答ありがとうございます^^

お礼日時:2010/05/24 17:45

香月日輪「大江戸妖怪かわら版」シリーズ


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4652077815.h …
架空の江戸風の世界を舞台に妖怪たちが登場します。

上田秋成『雨月物語』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4309409148.h …
江戸時代の怪談物語。これを元にした漫画やアニメなどがいくつもあります。
一応この本を貼っておきますが、訳文はいろいろなものがあります。

梨木香歩『家守綺譚』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101253374.h …
怪しくて雰囲気のある小説です。文庫版もいいですが、ハードカバー版の装丁も素敵です。

漫画で、
波津彬子さんの『雨柳堂夢咄』シリーズ(ソノラマコミック文庫)
骨董屋・雨柳堂に集まるいわくつきの品にまつわる怪異譚。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

香月日輪は知ってます、BLの方も描いてますよね(((
雨月物語は面白そうです、今度購入してみます、
回答ありがとうございます^^

お礼日時:2010/05/24 17:43

▼死の事などについて書かれている小説でオススメはありますか?



好き嫌いが分かれるでしょうから、あくまで参考程度にお願いします。傾向はてんでんばらばらです。

村上春樹
『ノルウェイの森』
『羊をめぐる冒険』
『ダンス・ダンス・ダンス』

ドストエフスキー
『カラマーゾフの兄弟』(新潮文庫、光文社古典新訳文庫)
『白痴』(新潮文庫)

トルストイ
『アンナ・カレーニナ』(新潮文庫)
『クロイツェル・ソナタ/悪魔』(新潮文庫)

フランソワーズ・サガン
『悲しみよ、こんにちは』

夏目漱石
『こころ』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ノルウェイの森とダンス・ダンス・ダンスとこころは家にありますが読んでいません←
読んでみようと思います。

まぁ海外作家のは読んだ事がないんですが…この際に読んでみます。

回答ありがとうございます^^

お礼日時:2010/05/24 02:02

グループSNE「妖魔夜行」「百鬼夜翔」


妖怪の組織が悪さをする妖怪を退治する話、百鬼夜翔のほうは少々マンネリですが...
グループSNEのガープ(TRPG)のうちの一つです。
http://www.groupsne.co.jp/products/gurps/list/in …
平井和正「死霊狩り」「悪霊の女王」
ウルフガイや幻魔大戦の方が有名だけど、自分的にはこちらの作品のほうが好みです。
http://www.wolfguy.com/works.htm
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=15440


こちらは文庫自体が廃刊されて手に入りにくいものですが
毛利志生子「カナリア・ファイル」集英社スーパーファンタジー文庫
http://www.matsubokkuri.net/main/MouriShiuko.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

妖魔夜行見てみました、面白そうですねぇ^^ 
全巻購入は難題な感じですが……orz((

死霊狩りは見たことある題名です。
ウフルガイは僕の好みの話です♪ 

毛利志生子は知ってます、カナリアファイル(1巻のみ)と風の王国(バラバラ)を持ってます。
でもまぁカナリアファイルの2巻探してみます、

有難うございます。

お礼日時:2010/05/23 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ