2歳半の次男は、しゃべり始めるのは比較的早く、1歳過ぎから単語を話せていました.(長男に比べるとかなり早かった) ところが、2歳頃から急にどもるようになり、たとえば「ごはんたべよう」と言う時には、「ごごごごご、ごはんたべよう」になります.歌をうたったり、普通に会話できるときもあるので気にせずにきたのですが、この頃は、来年からの幼稚園生活を思うと少し心配です.
運動量や思考能力は特に気になる事はないので、このようなケースはどういうところ(小児科?保健所?)で相談すればよいのか・また、家庭内で何か気をつけることがあるのかご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします.

A 回答 (5件)

2年も経っているので、既に吃音が治っていればいいのですが・・・


私は、二歳半の頃から吃音だったと母から聞いていました。
直ぐに治ったそうですが、父が経験者(14歳位まで吃音で自分で治したそうです)だったので、自分の発語しやすい言葉(例えば、アノーとかエートといった少し長めの言葉)を初めに出してやると話易いとのこと。また、それを決して叱ったりしないこと。とのことです。私達三人姉妹とも1ヶ月もしないで治ったとのこと。
父は歌とか歌う時は全然どもらなかったようで、国語、英語などの本を読まされるのが緊張してどもっていたようです。
そのために、その日の教科書を全部暗記して学校に登校したそうです。
要は、自信を持つこと、と父は言います。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

保健所の子供の検診のときなどに


(もちろん、保健所に直接でもOK)
保健婦に相談すると、その地区で一番合った機関を紹介してくれます。
ことばがハッキリしないだけでも言葉の教室などがありますので、その子の段階に合わせたところを複数、紹介してくれると思います。その中から親が選んでゆけばいいと思います
家庭で出来ることは、童謡など、たのしく子供が歌える歌をカセットで流すなどすることです。
歌はどもりをなおすのに非常に有効だと聞いています。
    • good
    • 0

今の段階ではそんなに心配するほどではないでしょう。

よっぽどのことがない限り成長とともに治っていくと思います。
 それよりもお母さんが心配になってあせるとそれが子供のストレスにもなりかねないので、せかせかしない、おおらかさを求めてあげてください。というのもどもりの中には精神的に急いで話さなければいけないというような焦りがどもりにつながることもあるようです。
 
    • good
    • 0

今後どうするか(そのままほっとくか治療するか)に関しては家族構成、住まわれている地域(都会OR田舎とか)などなど多くのファクターが関係してきますのでここでの回答は出せませんがアドバイスとして。


かかりつけの小児科にお母様だけで相談にいかれる。(こういう時のためにもかかりつけのお医者様は必ず作っておきましょう。)
そういうことが苦手な先生でも、他の必ずよい先生を紹介してもらえます。紹介された方も力が入ります。
あまりはじめから当人を巻き込むと、かえってほかの面で問題が起きます。
それとあまりに一般的ですのでどうかと思いましたが、良くも悪くもお兄ちゃんと比較する言葉は家族全員しばらく控えてくださいね。
    • good
    • 0

mizushiと申します。


子供の吃音は精神的なところが大きく関与しています。
専門の病院、障害者リハビリセンターなどで相談、治療を行っています。
↓は吃音関係のボランティアのページです。
参考にしてみてください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/heroiga/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ