平家物語についての問題です。
よろしくお願いしますm(._.)m

「平家物語」の文章の作品には、「扇の的」のように戦いの中でも優雅な様子、あるいは平家の人々が没落していく中で経験する、恋人との別れや恩師との別れ、または殺された武士の事を敵方までもが惜しむ様子など、敗者である平家の人々が美しく描かれる場面が多くある。
こういった作品が、鎌倉時代に成立した理由を考え、自由に述べなさい。

A 回答 (2件)

(1)伊勢平氏が貴族化した為に文学の対象となり得たこと。

(ただし、戦には弱い)
(2)末法の世や諸行無常の世を具現したこと。
(3)非文化的な武家政権の世にあつて、懐旧の情を以て平氏が迎えられたこと。
(4)戦乱や武家政権誕生によって貴族や僧侶の知識層が地方に流離したこと。
(5)貴族政治が衰退すると同時に貴族のための仏教が衰退し、寺院による庶民の教化が盛んになったこと。

 以上の理由により平家物語は平曲として部分的に創作され、室町時代にかけて大成して行くことになる。その中には、従来の軍記物語的な全体の中に、文化的な側面、作り物語的な側面が加味されていつたと考えられている。こうした、名も無き語り手による合作作品は、時として同一作者によるものと同じように、偶然ではなく便乗とも言うべき創作の統一が暗に生じて行くのである。その中には全体の構成にそぐわないエピソードも多く存在し、廃されてきたと思われる。逆にその追加されるエピソードは、基幹とする物語さえも改定を繰り返して、現在の形に再編集されてきたとも思われる。
    • good
    • 0

平和な世の中だったから戦い物の本が好まれた


その中に優雅さなどを取り入れた
これだいいんですかね?
あってるか分かりません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ