ボボボーボ・ボーボボという漫画が面白いとしきりに薦めてくる人がいるのですが、雑誌などで見る限り絵も話もよくわかりません。なんか品のない感じがするんですが。その漫画をご存知で面白いという方は、どのあたりが面白いのかポイントを教えてください。

A 回答 (8件)

こんにちわ(^O^)ボボボーボ・ボーボボはまってます(笑)


やっぱり好き嫌いは別れるみたいですね~。
うちの場合、子供と私はよろこんで見てます(テレビアニメの方)が、夫(45歳)は「ばかばかしい」といって、
見るのもいやがります。私の精神年齢が低いのか・・・?
みなさんが回答されてるようにあのはちゃめちゃな展開が
はまる人にははまる、といったところでしょうか。
職場の人にも意見をきいてみたところ、やはり若い人たちにはウケているようす。40歳を過ぎるとあの笑いについていけないという感じがありますね。ためしにテレビアニメの方を見てみたらいかかでしょう?漫画よりは絵もきれい
ではないでしょうか♪
    • good
    • 0

こんにちは!!


ボーボボは、小学校一年生の娘が大好きです。
漫画もアニメも欠かさず見ています。

私も個人の価値観というのかなぁ、その人によると思いますよ。吉本のお笑いがはまっちゃう人も居れば何も感じない人が居るのと同じ。

子供向けの漫画だと思います。
私は子供と一緒に見ていて、
こんなに子供の関心を集める発想はすごい!!と感心しています。

わたしは、どこが面白いかと聞かれたら、アノ訳のわからん展開と、強引過ぎるストーリーですね。

好き嫌い分かれると思いますよ。
    • good
    • 0

(質問の回答にはならないですが・・・)


私も雑誌漫画で読んだ事ありますが、
声に出して笑ったり、人に勧められるほど面白いと思った事はありませんでした・・・。
が、TVアニメで見てたら思わず声に出して笑ってしまった自分に愕然としてしまいました。(苦笑)
文字で読むギャグは面白くなくても、音声や動きが加わると面白くなる場合があるだなぁと、つくづく思いました。(反対も然り)
    • good
    • 0

こんにちは。



この手の不条理漫画とよばれるジャンルは、
まさに「不条理」を行使した瞬間の「ボケ」が生命線です。

読者の想像の斜め上くらいが理想。
「つっこみ」が成り立たないほどボケると笑えません。
で、そのボケについても読者にギリギリ理解できる範囲である必要があるのですが、突き抜けようとすると、ある範囲の読者層を想定しないことには成立しないようです。

ようするに誰でも分かる笑いではない、と。

この作品の場合、個人的な見解としては、小学生~中学生あたりをコアターゲットとした笑いを模索しているように感じます。
だって「鼻毛~」とか言われてもね。
若年層の笑いが理解できなくなるのは頭が固いのかなあ、とは思いますが、こういう漫画は「笑えるか」「笑えないか」なので、特に気にせず(ジャンプの)ページを飛ばしてます。

そして面白さのポイントなんて説明されて理解できるものではないので、あなたも軽くスルーしちゃえば良いんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「不条理系」ですか。なるほど。いい言葉ですね。分かりやすいというか。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/04 20:52

僕はこの漫画大好きです。


「伝染るんです」に代表される不条理漫画は確かにブームが過ぎたからこそ残っている漫画はかなりレベルが高いものだと思います。
しばらく前の少女漫画の「きんぎょ注意報」あたりよりさらに飛び抜けた感じと考えて下さい。

確かに絵は汚いですね。
僕は大好きだけれど合わない人は絶対に合わないと思います。
たぶんそのうちPTAにも叩かれると思います。(笑)

個人的な見解ですがギャグ漫画は頭が良くないと書けないと思います。
「いい大学出てるから頭がいい」とは限らないですが作者は早稲田卒業でお父さんは大学教授だそうです。
なんで知っているかというと作者と地元が近いので。(笑)
    • good
    • 0

漫画の学問的(?)観点から説明しますと。



漫画のジャンルのひとつに「不条理漫画」というものがあります。普通、漫画は起から承へ、承から転へ、転から結へとつながって(起承転結)、ひとつの物語を形成します。不条理漫画は形こそ起承転結をとっているのですが、内容は起承転結をとっていない、つまり起と承、承と転、転と結につながりがない形態をとります。なぜこのような形をとるのかというと、起承転結に当て嵌めてしまうと、どうしても読者にさきを予想されて「なんだ、やっぱりそういう展開か。つまらない」という印象を与えてしまいがちで、これを打破する方法のひとつとして一時期注目された漫画手法です。つまり意外性の面白さを狙っているのです。しかしいかんせん物語として成り立たないため、「読者に理解してもらえない」「読者に飽きられてしまいがち」という欠点を抱え、ブームが去ってしまったものです。

あなたの言われているこの作品も、不条理漫画のひとつだと僕はみなしています。僕も不条理漫画は好きではないのですが、最近あまりお目にかからない形態だけに、ある程度の評価はしています。
    • good
    • 0

ドリフターズのハチャメチャなコントが面白かったように、今の子供たちにはストーリ性の無いギャグが目新しいのではないかと思います。



同じ雑誌に連載されている「ピューと吹くジャガー」の方が面白いと思っていますが・・・
    • good
    • 0

漫画や映画などはそれを楽しむ個人の主観で 感想も変わります。



私個人の感想ですが、この漫画は趣味ではないです。
でも、「むちゃくちゃ」な所が面白いと感じる人もいるようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ