こんにちは。
最近自分の言葉の汚さ、語彙の少なさに愕然とする事があり、何か小説を読んで自然に勉強したいなーと思いました。
美しい日本語で書かれた小説をご存知の方教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

A 回答 (15件中1~10件)

 泉鏡花も言葉が綺麗だなあと思いますが、形容詞が多すぎて、疲れる、なんて方もいらっしゃるみたいです。

でも、「草迷宮」で、女性の神、というか精霊が緑の薬を手に取るところなどは、鳥肌が立つくらい美しい描写です。話としては他の質問者さんが書かれていたように「高野聖」などが読みやすいかと。私は「春昼・春昼後刻」が話では好きです。岩波文庫から出てます。

 それと、横溝正史の短編「かいやぐら物語」。月光に照らされた女の人の描写がとても美しいです。確か角川文庫とかちくま文庫に入ってます。本のタイトルには入ってないかもしれません。

 最近の方では小野不由美さんの「東亰異聞」。これは読みやすい上に、話がとてもおもしろいです。日本語も美しいです。情景もきれいです。新潮文庫から出てます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ございません。家のパソが壊れてしまい、漫喫に行った時くらいしかパソを触れなくなっているのでした・・・
確かに、泉鏡花は疲れますが、音読すると格好がいいぜ!自分!みたいな感じで、リズムがあってよいですね。
小野不由美さん、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/13 15:28

「後宮小説」などどうでしょうか。


実は時間がなくて一ページちらりと読んだだけなのですが、きちんと推敲された文章の美しさにとても感激したのを覚えております。

個人的には高村光太郎とかも好きです。
詩ですが、短い言葉であるからこそ、勉強にもなるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
そうですね、詩もよいですね。思いつかなかったので参考になりました!ありがとうございました!

お礼日時:2004/11/24 22:25

山月記 中島敦 岩波文庫



 高校の教科書で読んだのですが、この人の書く文章の無駄のない、簡潔な美しさが強く印象に残っています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003114 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
山月記は内容は理不尽だなーと思いつつ、確かに文章は素敵ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/29 09:41

もう必要ないかな?と思いましたが、語彙の豊富さ、はなしの尽きない興味から、田辺聖子さんの評伝物をあげさせてください。



ぼくが読んだのは「花衣(はなごろも)ぬぐやまつわる……」ですが、内容の興味深さに導かれて、こちらのボキャブラリーも鍛えられる気がしました。懐が深く、端正な日本語だと思います。
いつか思い出したら、ぜひ読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
本当にたくさんの本がありますよね。
読むのが遅いのですが、必ず読みます。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2004/08/19 12:24

以下の本はいかがでしょう。



幸田文(こうだあや):「弟」「闘」
須賀敦子:「トリエステの坂道」
-しっとりとした感じです。

オルコット:「花物語」(村岡花子さんが訳したもの)
モンゴメリ:「赤毛のアン」(同上)
-洒落た物言いが残っています。

ほかにもいろいろとありますが、どうぞ、一つ一つじっくり味わいながらお読みください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!お礼が遅くなって申し訳ございませんでした。
いつも限られたジャンルの本しか読んでいないので、ここで色々と教えていただいてありがたく思っています。
早速チェックします。

お礼日時:2004/08/07 13:02

はじめまして。


美しい日本語というか、レトロながらも繊細で心地よい言葉使いの本がありますよ。
長野まゆみさんの本はだいたいそうなのですが、「耳猫風信社」は特にお勧めいたします。

柑橘と書いてルビで「シトロン」と読ませたり「硝子(ガラス)」等は普通に出てくるし、とにかく綺麗な言葉ばかりですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
長野まゆみさんは読んだ事ないので、チェックします!
夜も寝苦しい日が続いているので、読書するぞー!!

お礼日時:2004/07/21 16:33

エッセイですが...


『珈琲挽き』 小沼 丹(おぬま・たん)著 みすず書房

読みすすんでゆくと時間がゆっくりながれているような
落ち着いた気持ちになってきます。
日本語っていいなぁって...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
いいですね。落ち着いた気持ちになっていく。
それだけ、本の世界に入っていくということでしょうか。
参考にさせていただきます!!

お礼日時:2004/07/04 23:40

こんばんは。


小川国夫さんの「アポロンの島」「海からの光」あたりはいかがですか。
装飾語をあまり使用していない簡素な文体なので、doragon-akikoさんの考えていられる美しい日本語とは違うかも知れませんが、余計な語句を極限まで削り落とした硬い文体も日本語としてまた美しいように思いました。
行と行の空間にたえず立ち止まらされるものがあるのです。

     
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
どんな話なのか興味津々です。
色々な美しいがありますよね。楽しみです。

お礼日時:2004/07/01 22:32

こんにちは。


翻訳家で詩人の堀口大学氏の日本語は美しいと思います。
あとは中勘助氏の「銀の匙」、
エッセイになりますが、須賀敦子氏の一連の作品も
美しいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
URLみました!知らないだけで沢山良い本があるんですね。
本屋でチェックします。とても、面白そうで興味深々です。

お礼日時:2004/06/30 18:01

石川淳はどうでしょう?


「新釈雨月物語」が有名らしいですが(「夢応の鯉魚」とか教科書に載っいるらしいですし)、「紫苑物語」がおすすめです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061960 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
URLみました。面白そうだったので購入してしまいました。

お礼日時:2004/06/29 17:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 読書家って「オタク」「キザ」なイメージなのでしょうか?

    「読書家」「純文学好き」「文学少女」 これらに当てはまる人のことを、あなたはどう思うだろうか。 「教えて!goo」に投稿されたQ&A「読書家のイメージって…」の質問者さんは、読書家に対する一般的なイメージに...

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ