催眠や千里眼で有名な松岡圭祐さんの本なんですが
僕は、まだ読んだことがありません
催眠&千里眼シリーズは映画化などで
『少し変わって再発売』みたいなのがあるのかな?
何が言いたいのかというと
始めて読む僕は

・何から読めばよいのか
・次に読むものは?(順番)

ストーリーに関係の無い
ダイエットとか裏話
みたいなのは除外してください

簡単に言えば、何から読めばよいのか
全くわからないのであります(汗
(できれば、映画に近いものがいいです)

A 回答 (1件)

まず、文庫版でお読みになることをお勧めします。


私は松岡圭祐の作品はハードカバーで何冊も読みましたが、文庫版は『少し変わって再発売』どころか『かなり変わって』いるようです。

ハードカバーでは唐突な登場だと思えた人物が、文庫版ではちゃんと説明がなされていたり、文庫版の方がいろいろとつじつまがあっているようです。

作者自身も、今から読むなら文庫版のほうを推奨しているぐらいです。

で、「催眠」シリーズは映画とずいぶんちがいますので、まず読むのは「千里眼」シリーズがいいと思います。

「千里眼」シリーズの文庫版の順番は以下の通りです。

1千里眼
2ミドリの猿
3運命の暗示
4洗脳試験
5メフィストの逆襲
6岬美由紀
7マジシャンの少女
8千里眼の死角

すべて小学館文庫です。まずは「千里眼」というタイトルから読み始めましょう。ちょっと荒唐無稽なところもありますが、おもしろいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまってすみませんm(_ _)m
細かいところまで教えていただきありがとうございました

お礼日時:2005/01/23 19:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ