抗酸化作用とは血液を酸性に保つ作用のことですか?

A 回答 (3件)

人間の血液は常に、微弱アルカリ性に保たれています。


酸性になると、もはや病気です。それも大病。

ちなみに大昔にはやった、酸性食品・アルカリ性食品なるものは
血液のPHには関係ないそうです。
どちらもバランスよく食べなさいと、医者に言われたことがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 02:44

呼吸等に依って発生する活性酸素によって、細胞内の重要な部分が酸化されないように、自らが酸化される(ビタミンC等のより酸化されやすい還元性の)物質によって防御する作用であると記憶しています。


体内の酸化によって血液が酸性になるかどうかは記憶が定かではありません。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 02:44

その反対で、酸性にできるだけならないように作用する効果です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 00:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ