放射線測定(空間線量測定)において、バックグラウンド
測定というのはどのように行うのでしょうか?
測定点が複数の場合、各測定点ごとに行うのでしょうか?

A 回答 (1件)

 


 1)測定試料を置かなくても、必ず自然放射線による計数がある(バックグラウンド)ので、試料を置いた時の計数と、試料を置かない時の計数を測定して、その差を求める必要があります。

 但し、実際はちょっと複雑で、測定時間や誤差、計数率とその誤差なども考慮しなければなりません。
 
 バックグラウンドもその時、その時で多少変化するので、確か、始めにバックグラウンドと,計数の大きさがどれくらい違うのか把握して、後は、バックグラウンド測定時間と、計数測定時間を調整していたと思います。


 2)測定点が違うと、勿論バックグラウンド変わってきますので、各測定点毎に行う必要があるはずです。

 あまり、正確ではないですが、アドバイスくらいにはなりませんかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に御回答いただき、ありがとうございます。
空間の線量測定において、バックグラウンドは
自然放射線の影響を差し引くために計測するのだと
いうことで納得できました。



お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ