ガンダムSEED ガンダムSEED DESTINYの
製作側の裏話などをご存知なら教えてください。
ウワサ、ネタ、なんでもいいのでよろしくお願いします。

A 回答 (5件)

>>1の話は有名だよ。



その後でお詫びが掲載されて
またその後サイト閉鎖。
確か代兄出身の作画監督。
    • good
    • 1

ストライクガンダムやインパルスガンダムに装備されている「アーマーシュナイダー」などのいわゆる「最後の武器」は、監督が演出で参加していた「機甲戦記ドラグナー」で装備されていた「アサルトナイフ」が監督:神田武幸の意向で使用されなかったことから、SEEDで主人公機に装備され、使われまくった…という話があります。



まぁ、適当に流しちゃってください。
    • good
    • 1

裏話といっても、あの作品2作についての裏話はいい話はまったくといっていいほど聞きませんけど、悪い話ならいやというほど。



有名なとこでは、SEEDでジャスティスガンダムを出そうとしたとき、TV局から同じ系列でやってたウルトラシリーズの「ウルトラマンジャスティス」(映画に出たウルトラマン)と名前がかぶるので変更できんかと聞かれたときに、
「そっちが変えればいいだろ!こっちは長年続いてるガンダムだぞ!」
と監督が吐いたとんでもない暴言はあの人物の性格と記憶能力を見事に露呈。
ガンダムとウルトラシリーズと、どちらが歴史も古いかアニメ関係者でなくてもわかろうものを。

SEEDも制作現場の進行状況があまりにも遅いので、開始からわずか1クール(13話)で監督更迭の予定があったものの、DVDの予約人気がよかったので結局続けさせたが、その進行遅れの原因が脚本家の両澤千晶(監督の妻)の納期の遅さにあったのも現場スタッフの怒りを買い、2作目の終了を待たずしてスタッフの多くから猛批判が噴出したのも無理からぬこと。

DVDや主題歌CDが売れたといっても、avexの歌手をあれだけつぎこんでなきゃそれもかなり数字は違っていたはず。
    • good
    • 0

SEEDの時は、監督がどっかの講演で「Gガンダムは逃げ」だとか歴代のガンダムをバカにする発言してたな。


声優の秋元羊介さんが、アフレコ現場で監督のGガンの作品批判に文句言ってシーゲル・クラインが適当な殺され方したとか一部で噂されてた。

デス種の時は、放映前から脚本の遅延が物議を読んで今度は本当に駄作になると一部ネット上で噂になってたっけ。

メカ作監の椛島洋介さんがブログで『嫁』の悪口書いたりクーラーの水漏れでバンクが浸水したとか色んな面白ネタを提供してくれました。

あと古谷徹さんは露骨に種批判してるし、池田秀一さんは出ている関係上遠慮しているけど良い思いはしていないようです。

種にまつわる声優ネタは結構あったと思うよ。
勿論悪い方でw
    • good
    • 1

destinyの最終話のちょっと前に作画監督の一人が自らのblogでシリーズ構成も手がける脚本家の一人を名指しで批判して物議を醸した。



とかいうネタでいいの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はいネタでも結構です。
というか、できればネットで大きく広まったネタならなおさら歓迎です。
ここで作ったネタはちょっと困りますけど(笑

お礼日時:2006/01/20 19:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ