「蟻とキリギリス」は「蝉とアリ」というそうですが、ギリシア語のイソップでは蝉とアリだったのがラ・フォンテーヌが出版した際、挿絵がキリギリスだったと聞きました。
これはなぜなんでしょうか?言語的な理由(うっかり、の理由より)でしょうか?たとえば、フランス語で「キリギリス」と「蝉」の単語が似ている、ということはありませんか?

locust は「いなご」と「蝉」の両方の意味があることを思い出しました。フランス語では?

A 回答 (2件)

このアリとキリギリスについての考察は


鹿島茂さんの本で読んだ記憶があります。
ちょっと手元に見当たりませんが,
論旨は南北の地理的な違いによって
昆虫の分布が異なることによる
単語(昆虫の名詞)の翻訳移入の問題を
論じたものでした。

とりあえずの回答ということで。

私の旅行体験ですが,
南フランスでは蝉がシンボルマークのようになっていて
ポロシャツの刺繍やTシャツのプリントで
土産品として売られていたりしますが,
緯度が北海道より北になる首都パリでは
蝉の鳴き声などまったく聞けません。

こうした事情があって
イソップからラ・フォンテーヌの翻訳に
”アレンジ”が生じたのだと思います。
(鹿島茂さんの説もそんな感じでした。)

あやふやな回答で恐縮です。
どなたか,鹿島茂さんの著作をフォローしてくださると
良いのですが。
    • good
    • 0

以前テレビ番組で解説していたのを聞いたのですが、セミはヨーロッパではなじみの薄い昆虫なのだそうです。


そこで出版時にヨーロッパでよく見られるキリギリスに置き換えたとか。

こちらにも経緯が載せられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA% …
http://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zatubunn/lion …
http://www.lib.pref.tochigi.jp/reference_ex/allr …

ロシアではトンボになっている、というような情報も目にしたことがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ