皆さんもご存知のロボットアニメで、昨年実写化されたトランスフォーマー。その歴史(日本展開のみ、パラレルを除く)について私は、様々なサイトを見て、以下の順に考えました。

(1)戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー
(2)トランスフォーマー・ザ・ムービー
(3)戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010
(4)トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ
(5)トランスフォーマー 超人マスターフォース
(6)戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV
(7)トランスフォーマーZ
(8)トランスフォーマー リターン・オブ・コンボイ
(9)戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー合体大作戦
(10)トランスフォーマーG-2
(11)ビーストウォーズ超生命体トランスフォーマー
(12)ビーストウォーズメタルス超生命体トランスフォーマー
(13)超生命体トランスフォーマービーストウォーズリターンズ
(14)ビーストウォーズII超生命体トランスフォーマー
(15)ビーストウォーズネオ超生命体トランスフォーマー

この順番で合っていますでしょうか?認識の仕方は人それぞれだと思いますが、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

1,2,3の順番が違います。


ストーリー的にはその通りで、アメリカでもトランスフォーマー・ザ・ムービーはテレフィーチャー的扱いでした。
但し、日本での公開の順番は2010の方が先です。
講談社のテレビマガジンでの展開は、「なぜコンボイは死んだのか?」(実際には2010にコンボイが登場しないのか?ですが)を知るためにはこの作品を見よう!ということでしたが、簡単に視聴できる状況ではありませんでした。
実際にビデオ等が普及するのも2010も半ば過ぎてからですので、歴史として認識するならば、(1)(3)(2)の順番になると思います。
    • good
    • 0

こんばんは。



順番としては、ほぼ合っていると思います。

ただし、
>(14)ビーストウォーズII超生命体トランスフォーマー
>(15)ビーストウォーズネオ超生命体トランスフォーマー
の2作品はパラレルという事になると思います。

この2作は連続形式になっていますが、フルCGアニメ版「ビーストウォーズ」路線
との直接のつながりはなさそうです。
「セカンド」の劇場作品ではゴリラのコンボイが登場しますが、これはファンサービス企画と
考えるのが正しく、正規版ストーリーの一環とは思えません。
「ネオ」のラストでのセイバートロン星も「ビーストウォーズリターンズ(海外名ビーストマシーンズ)」
の舞台のセイバートロン星とは別次元の世界としか思えませんでしたので。

(14)「II」(15)「ネオ」は本編のビーストウォーズが海外版放送の順番の都合で1年半の間
中断せざるをえなかった中、スポンサーの大人の事情による間に合せの繋ぎのような存在
だったと言うのが実情と私は考えています。

以上は私なりの解釈なので、間違いや認識不足もあるかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kodai78さんへ
ありがとうございます。これは今後の創作の参考にさせてもらいます。

お礼日時:2008/01/23 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ