以前、小林よしのり著「ゴーマニズム宣言」に掲載されていた内容です。
「宮崎哲哉が『小林の妻を狙え』と言った」とあったと記憶しておりますが、
その宮崎氏の発言の真意とはどういった内容だったのでしょうか?

宮崎氏と言えば、「たかじんのそこまで言って委員会」のレギュラーの評論家であり、
知的で論理的なイメージがあります。
私は個人的には宮崎氏は嫌いじゃないほうなんですけど、そんな彼が「論敵の
身内をターゲットにする」みたいな卑劣な行為をするなんて、普段の宮崎氏の
言動からは考えられません。
(ちなみに小林氏の奥様は脚に不自由がおありのようです)

現在は、宮崎・小林両氏は和解しているように見えますが、かつて宮崎氏は小林氏に対して
どのような事を発言していたのでしょうか?

A 回答 (1件)

宮崎哲哉氏の言ったコメントは


「小林よしのりについて評論を書くなら、彼の妻を切り口に書くと
いいだろう」と記憶しています。
小林よしのり氏の妻は病弱で、小林氏は漫画にもほとんど登場させない
ぐらい非常に大切に(または、彼女に精神的に依存)しているので
小林氏の人となりは、その面から考察するのも意味がある事らしい
です。
別に、小林氏の妻を襲えという意味ではなかったと思います。

宮崎・小林両氏の争いは、ググればいっぱい出てきますよ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ