鉄筋コンクリート造でなぜ鉄筋とコンクリートを一緒に使うか教えてください。
鉄筋の比重は2.1×10^5、コンクリートの比重は2.1×10^4と鉄筋のほうが大きい。
ヒントは、コンクリートがアルカリ性、鉄筋がさびるということなんですが・・・。

A 回答 (2件)

大気中のCO2とH2が原因で鉄は酸性環境にあって


さびるのですから,
「アルカリ性のコンクリートが鉄を中和する作用をもつ」
らしいです.

(最近の滋賀県の有名な小学校解体問題も
これが話題になってました)

比重はわかりません.

「鉄とコンクリートの熱膨張率が近い値をとる」
というのも重要らしいです.

「正の直応力は鉄で,負の直応力はコンクリートで分担する」
というのはまぁ有名な話ですね.

鉄とコンクリートの組合せはエジソンが思いついた
という噂もきいたことがあります.(ガセ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここでまとめて御礼をします。
とても助かりました。これでばっちり理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/24 16:19

基本的には、コンクリートは引張力に弱く、それを鉄筋で補うということで


鉄筋コンクリートは使用されています。
コンクリートだけですと、圧縮力にはとても強いのですが、
引張力には大変弱いのです。
鉄筋は引張力に対して強いので、この二つを合わせ、引張力・圧縮力どちらにも
強い構造体とすることができます。
しかも、コンクリートと鉄の熱膨張係数はほぼ同じで、温度変化による変形量が
ほぼ同じなので、一体的に挙動すると考えられます。

その他、cinさんの書いておられる通り、コンクリートはアルカリ性で
鉄筋をサビから守る性質もあります。
しかし、RC造を使用する上でこの性質は付随的なものだと思うのですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ